コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 多十郎殉愛記(2019/日)

徹底したチャンバララストへ話を繋ぐため、至ってシンプルでありつつ無理もなくはない展開が熊切和嘉の補佐も得ながら演出される。主役高良健吾の目力やヒリヒリするような空気感を伴う演技はよかったが、肝心のチャンバラが残念ながら大味。特殊効果を避け実写の迫力を見せようとしたようだが、ハッタリもカメラワークも凡庸では退屈は免れ得ないのだ。
水那岐

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







あと、撮影資金を最低限に絞っているのは判るのだが、現代的な髪型の上にマゲを乗せたような頭はどうにかして欲しくはあった。とくに多部未華子

そして何といってもラストの高良アップのチャンバラシーン打ち切りは何事か。ヒーローの生死を有耶無耶にさせる粋なエンディングと思っているとは考えたくないが…ともかくも映画の品位をあそこで大きく損なっているのは確かだ。エンドタイトルに至るまでに、お添え物的に現われる風景スチルはちょっと悲しかった。チャンバラそのものも、背後から斬り付ける者がきわめて少ないなど今となってはご都合主義的な代物で、娯楽としても旧時代のものとしか認められなかった。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。