コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 八仙飯店之人肉饅頭(1992/香港)

見直して気づかされる、理知的な構成。
アブサン

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







猟奇殺人の陰惨さと犯人の暴走をこれでもか!としつこく描きながら、中盤であっさりと犯人逮捕、今度は犯人が色んな人間から拷問される被害者へと変化し、そして最後の自白を通してまた最悪の加害者へ転換する。

過激さばかりに目を奪われがちだが、大胆に展開する構成は、実によく計算されたものではないだろうか。

普通、過激な描写が連続するだけでは観客は飽きてしまうものだ。しかしいきなり人肉饅頭事件というめちゃんこ過激なスタート地点から始まるこの作品は、インフレとも深化ともつかない異様な迫力で人間の醜さを描き続け、終始観客を圧倒する。

何より「被害者の遺体を饅頭にしていた事件」よりも警察の拷問の方が最悪、という描き方が出来ているだけでも、演出や脚本のレベルが非常に高いことがわかる。これは並大抵の技術では作れない境地だと思う。

初めて見たときは不快さと強烈さに圧倒されてしまい、そんなことまで深く考える隙はなかった。刑務所で犯人のウォンさんを助ける心優しき囚人の存在に救いを求めつつ、「ヤベー映画見ちゃったな」と友達と一緒に引きつった顔で笑い合うのがやっとだった。

しかし年月が経って見直してみると描写の凄さには改めてビビりながらも、作り手の丁寧さに気づかされて、驚いた。

映画内では、「人肉饅頭」自体は死体処理の手段という割り切り方で(それも恐ろしいが)、思ったほど詳しくは描かれない。狂った殺人シーンの方がメインで時間を割かれている。それでは饅頭自体のインパクトが薄れそうなものなのだが、しかし作品は本当に人肉を食べさせられたような、独特の嫌悪感と不快感を漂わせ続けるのだ。

この嫌悪感は、殺人鬼のウォンさんが序盤で豚を捌くシーンがポイントになっていると思う。本物の豚の死骸が内臓を溢しながら解体されていき、スーパーでも見慣れたブツ切りから挽き肉、饅頭へと形を変えていき、客たちが肉まんをほお張る映像につながる。その様子を一連の映像で見せる。

加工の工程をたどったよくあるシーンだが、観客は事前にこれが人肉を扱う映画だと知っているので、どうしても豚と人間を重ねてしまう。そして豚の解体が臭そうな、不潔な環境で行われているのもポイントだ。観客は普段食べ慣れている肉まんの味を思い出しながら、その汚さと重ね合わせてリアルな不快感を味わうのである。序盤にここを丁寧に見せることで二つの感覚が脳裏に焼き付き、その後も絶えず「人肉饅頭」への嫌悪感が続くのだ。

作品の「客寄せ要素」である人肉饅頭にこういうテクニックを施しているのがもう上手い。この映画の特殊メイクは決して出来がよいものではないが、豚の解体シーンの感覚と食べ慣れた肉まんの味やにおいが脳内で結びつくため、切り分けられた手足が多少ニセ物っぽくても、リアルな不快感がリピートされるのだ。展開を負うごとにそれが何度も反復強化されるので、映画には解体される人肉の臭いと味が漂い続ける。「におい」を感じさせる作品は強いと言うが、その意地悪な応用だ。

ストーリーの構成もすごい。

改めて考えてほしいが、普通「被害者を肉まんにして売り捌いてた実在の事件」なんてセンセーショナルな企画で、殺人鬼を中盤で逮捕してしまう展開は常人には作れないはずだ。思いつきはするだろうが、脱走してさらに犯行を繰り広げたりだとか、自白によって事件の詳細をただ解説するだけ、という凡作にしかならないと思う。

が、この映画ではここからが本番で、残酷さをさらに掘り下げていく。それまでコミカルな捜査を繰り広げていた警察が、一転して容赦ない拷問を始めるのだ。狂った殺人鬼だったウォンさんが哀れな被害者へと変身し、拷問に泣き喚きボロボロになっていくという展開は見事としか言えない。猟奇殺人鬼がメソメソする姿も、被害者ぶってマスコミに訴える往生際の悪さも胸がむかつくし、何と言っても警察が喜んで繰り広げる拷問の描写がめちゃくちゃ最悪だ。何なら、殺人鬼のウォンさんよりも警察の方が残酷に思えて同情したくなってくる。自分勝手に人を殺しまくって饅頭にして売りさばいていたオッサンなのに、可哀想に見えるのだ。この倒錯感がまた不快で、胸が悪くなる。

ここでもまた、他人の小便を飲むシーンで「におい」や「味」が強調されていた。この「生への執着」という醜さが、また観客を複雑にさせる。こんなに最悪な「諦めずに頑張る姿」があるかよ…

さらに拷問シーンで印象深いのが、ウォンさんに人質にされかけたことで恨みを抱く看護婦だ。彼女は皮下注射でウォンさんを眠らせない拷問を考え出すが、殺人犯でも国家権力でもなくただの医療関係者である彼女は、われわれ観客と同じ一般人という立場だ。実際、拷問が始まった当初は、観客側も少なからずカタルシスを求めて「この鬼畜野郎を痛めつけたれ!」と思っていたはずである。それが、あの残酷な拷問シーンへと結実する。「痛くて眠れない」という身近な内容も絶妙だ。誰の心にも邪悪は潜んでいるという痛烈な指摘に、初見時も再見時も、このシーンで心を折られた。嬉々として拷問に参加する彼女の姿が本当にきつい。

人間の残酷な本性にフォーカスを当て、それを手を変え品を変え多角的にしつこく、さらに丁寧に描いているからこそ、この作品は並のホラー映画にはない凄みを得ているのだと思う。コミカルな警察チームもそのための巧妙な前フリだった。すべてが周到に作られているのだ。

しかしそうやって「お前ら観客も一皮剥けばこの犯人や警官と同じなんだよ!」と言い放っておいて、この映画はそこからさらにひっくり返し、一番強烈な子供殺しを回想で見せつけてくるのだ。これが本当に鬼気迫る映像で、頭がおかしいとしか言えない。映画作劇的には普通、回想シーンは現実感や迫力がなくなるはずなのだが、異様なテンションの映像からは、禍々しさが過剰なまでに伝わってくる。拷問にはしゃいでいた警察メンバーさえもションボリせざるを得ない狂いっぷりである。さっきまではウォンさんが被害者で、警察や観客は加害者扱いされていたのに、それを上回るさらなる暴力を見せられて、心を振り回されっぱなしでもう何がなにやら、とにかく呆然とするしかない終盤である。

回想がクライマックスというのもすごい構成だが、映画はさらにウォンさんが手首を切って死ぬ瞬間を省略してしまう。こんなにクドい話があっさり終わってしまい、観客の気持ちは宙ぶらりんのまま、最悪な後味を残すのだ。

そのために、豚の解体と同じく事前に前フリを用意しているのが、これまたうまい。ウォンさんが錆びた缶のフチに手首を擦り付け血管を噛み千切ろうとしていたシーンである。あれも最悪だったな… つくづく厭な映画だ。

こうした絶妙な構成があるからこそ『八仙飯店之人肉饅頭』は、いつまでもショックを与える凄みを得た。狂気と理性が巧みに合わさって出来た、紛れもない歴史的名作だと思う。お祭り映画としても見られるテンションの高さ、エグい内容などで見落としがちだが、精緻を極めた表現だと言わざるを得ない。

この磨きぬかれた構成は、なんなら映画の教科書に載せてもいいぐらいに大胆で巧妙な脚本だったんじゃないだろうか。

あと、アンソニー・ウォンの演技は当然凄まじい。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)ペンクロフ[*] disjunctive

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。