コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

disjunctive

会社員
URLhttp://d.hatena.ne.jp/disjunctive/
[参加掲示板] [招待者: たかやまひろふみ]
→気に入られた投票気に入った→
485コメント373
あらすじ2
POV1

Comments

最近のコメント 10
★3わたしは、ダニエル・ブレイク(2016/英=仏=ベルギー)心臓に爆弾を抱えた老人を酷使して醸成するスリラーにあって技術的な課題となるのは老体を稼働に追い込む状況の構築であり、官僚制の不条理が今回は利用されている。 [review][投票(4)]
★3午後8時の訪問者(2016/ベルギー=仏)発端となったイベントが、素人捜査に駆り立てるほどの罪悪感をもたらし得るものだったのかどうか。その心もとなさが、出来の悪い火サスのような行動の飛躍をもたらしかねない。 [review][投票(2)]
★3ダンケルク(2017/英=米=仏)浜辺の静寂が意味のない現象としての災難の徒労を訴える。魚雷の夜襲だけなら刹那的な海猿で済むものを、訓練と称して謎次元から小銃弾まで撃ちこまれると、堂々たる佐藤純彌のパニック大作の風格に。ただ、ヒューモアのない純彌なのである。 [review][投票(3)]
★3たかが世界の終わり(2016/カナダ=仏)これはポルノに近いのではないか。対峙する人間の激情に応じて膨張と収縮を繰り返す、内燃機関のようなギャスパー・ウリエルの顎の接写ばかりに力が入り、人々の確執の内容はあまり問われず、対話はポルノやミュージック・ビデオの日常芝居に類似してしまう。[投票(1)]
★3燃える戦場(1969/米)声の映画である。セクスィヴォイスがマイケル・ケインを只者にはしておかず、海軍の語学屋である彼を密林の戦場に順応させ、拡声器の声の歪みが、高倉健の本性と思われる官僚的な冷たさを露曝せずにはいられない。 [review][投票(1)]
★4ザ・コンサルタント(2016/米)会議室に入ったら、後輩女難のアイコン、アナ・ケンドリックが寝ている。男子の夢と浪漫で充溢したキャンピングトレーラーで永遠の時を過ごしたい身には、こんな恐怖はない。 [review][投票(2)]
★4ときめきに死す(1984/日)釣り、パチンコ、クッキング、ケンカ、セックス。独居中年の生活描写が、それ自体を見世物としながらも沢田の悲劇性を社会化する媒体となるように、筋の経済性が話を下品にしない。 [review][投票(2)]
★4チェイサー(2008/韓国)数ある殺人の中でその事件だけが特権化してしまう。しかも顔貌の好い子どもをダシにするため特権化してしまうことが倫理に悖るように見えてしまう。時間制限が緩和され続ける緊張のなさと徒労に冷静さを強いられて、事件が特権化したと認知できるのである。 [review][投票(1)]
★3マグニフィセント・セブン(2016/米)戦線の構築がむつかしい開けた地形が災いしているのか、被写体の位置や攻め手が進行する方向が明瞭さを欠いている。見た目優先でレンズが選択されるから、被写体間の距離もつかめない。 [review][投票(2)]
★3素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店(2015/オランダ)血縁で地位を得たことの後ろめたさと安堵が混合したフワフワを無為の苦しさとして叙述しようとしながら、最後には親族経営体への加入に安らぎを求めてしまう。多言語社会が舞台だけに、このフワフワがダブルリミテッドの迫力のない文章を思わせる。[投票]