コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

胸に輝く星 (1957/)

The Tin Star

[Drama/Action]
製作ウィリアム・パールバーグ / ジョージ・シートン
監督アンソニー・マン
脚本ダドリー・ニコルズ
原作バーニー・スレイター / ジョエル・ケイン
撮影ロイヤル・グリッグス
美術J・マクミラン・ジョンソン / ハル・ペレイラ
音楽エルマー・バーンスタイン
衣装イーディス・ヘッド
出演ヘンリー・フォンダ / アンソニー・パーキンス / ベッツィ・パーマー / マイケル・レイ / メアリー・ウェブスター / ジョン・マッキンタイア / ネヴィル・ブランド / ピーター・ボールドウィン / リー・ヴァン・クリーフ / ジェームズ・ベル / ラッセル・シンプソン
あらすじ荒野を旅してきた男が町に着く。男のひく馬には死体が1つ。男は賞金稼ぎなのであった。男の名はモーグ(ヘンリー・フォンダ)。彼は保安官事務所へと赴き居合わせた臨時保安官のベン(アンソニー・パーキンス)に支払いを要求した。死体確認の為、支払いまでの期日を逗留するはめになったモーグだが町の宿屋には断られる。キップ(マイケル・レイ)という少年と知り合い彼の家に行くと母ノナ(ベッツィ・パーマー)も快く宿泊を了承。そんな折、街ではならず者のボガータス(ネヴィル・ブランド)がインディアン射殺事件を起こすのだが…。アンソニー・マン劇場映画監督第32作。 (けにろん)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5冒頭から馬上のフォンダの佇まいの余裕と馬の歩みの心拍同期な快楽。沁み込んだ差別感情も気のある女の手前あっさり変節。へなちょこトニパキも真摯に指導し勝利も女も手に入れる。男ならこうありたいと思わせますな。随所のローアングル使いも的確。 (けにろん)[投票(1)]
★4室内から窓ガラスの向こうのフォンダが歩く姿を撮ったパン・フォーカスのショットでまずガンと一発やられた。「これこそ西部劇」と感じるショットをこんな風に見せられるとは。そして同時にこのパン・フォーカスは今まで見た中で最も印象的なパン・フォーカスなのだ。『市民ケーン』の雪降る山小屋シーンに並ぶぐらい。 (ゑぎ)[投票(1)]
★3アンソニー=パーキンス…いくらでも可能性のあった役者だったのに、ヒッチコックが台無しにしてしまった。 [review] (甘崎庵)[投票]
Ratings
5点1人*
4点3人***
3点3人***
2点0人
1点0人
7人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
パーソナル・カルト20 (けにろん)[投票(3)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「胸に輝く星」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Tin Star」[Google|Yahoo!]