コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

めぐり逢う大地 (2000/カナダ)

The Claim

[Drama]
製作総指揮マーティン・カッツ / アンドレア・コールダーウッド / アレクシス・ロイド
製作アンドリュー・イートン
監督マイケル・ウィンターボトム
脚本フランク・コトレル・ボイス
原案トーマス・ハーディ
撮影アルウィン・H・カックラー
美術マーク・ティルデスリー / ケン・レンペル
音楽マイケル・ナイマン
衣装ジョアンヌ・ハンセン
出演ピーター・ミュラン / ミラ・ジョヴォヴィッチ / ウェス・ベントリー / ナスターシャ・キンスキー / サラ・ポーリー / シャーリー・ヘンダーソン / ジュリアン・リッチングズ / ショーン・マッギンリー / ダンカン・フレイザー
あらすじ1867年カリフォルニアの雪山の町にバーン夫人(ナスターシャ・キンスキー)と娘のホープ(サラ・ポーリー)がやって来る。この町のボスはディロン(ピーター・ミュラン)で、彼が一代で築き上げた町だった。そして今、この町に鉄道を通すかどうかを決める為測量技師ダルグリッシュ(ウェス・ベントリー)がやって来る。この町に鉄道は通るのか?いわくあり気なバーン夫人とディロンの関係は?ディロンの女、酒場の歌手ルチア(ミラ・ジョヴォヴィッチ)も巻き込んで話は進む。 (KEI)[投票]
Comments
全6 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ある町の物語。周りは見渡す限り、白い雪山。こんな厳しい自然の中でも、人は夢見て、愛して、裏切られ、生きていく。大きな自然に比べれば、人間なんて蟻みたいにちっぽけだ。けれども生き抜く姿は、なんて逞しくて美しいんだろう。2003.4.20 (鵜 白 舞)[投票]
★3役者の中ではエレーナとホープの親子を演じたナスターシャ・キンスキーサラ・ポーリーの演技が一番光っていた。 [review] (わっこ)[投票(1)]
★3大河の様相を見せてその実、掘り下げ不足で全体が薄っぺらく見えてしまったのは残念。すべてが地味で売りに困っただろうという余計なお世話。各役者の控えめではあるが力強い演技は好感が持てる。ここでもマイケル・ナイマンは永遠のワンパターン&美しすぎるスコアを聴かせてくれた。 (tkcrows)[投票(1)]
★3素晴らしい企画、背景は素晴らしい雪山、そして魅力あふれる登場人物・・・を、監督と脚本で見事にぶち壊した。傑作とも成りえた作品を、並みの作品におとしめたのだ! 好きなミラ・ジョヴォヴィッチナスターシャ・キンスキーが出ているが、3点。 (KEI)[投票]
★2可もなく不可も無いが、好きなウィンターボトムだけに辛口採点。もっと冴えた写真を見せてくれる監督だと思うが。。。同じハーディー原作でも、『日陰のふたり』の方が断然良いぞ。 [review] (ころ阿弥)[投票(2)]
★2深夜放送で偶然見れたら暇つぶしにはなるかも、という部類。この作品はウィンターボトムらしくないよ・・・。期待外れ。 (Muff)[投票]
Ratings
5点1人*
4点0人
3点6人******
2点4人****
1点0人
11人平均 ★2.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
今後の活躍が楽しみな女優 (わっこ)[投票(1)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「めぐり逢う大地」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Claim」[Google|Yahoo!]