コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

カモとねぎ (1968/)

[Action/Comedy/Romance]
製作貝山知弘
監督谷口千吉
脚本松木ひろし / 田波靖男
撮影鈴木斌
美術松山崇
音楽真鍋理一郎
出演森雅之 / 緑魔子 / 高島忠夫 / 砂塚秀夫 / 小沢昭一 / 山岡久乃 / 藤村有弘 / 桜井浩子 / 東野英治郎 / 桂米朝
あらすじノーブルな風貌で策略家の詐欺師・石黒(森雅之)は、威勢のいいチンピラの丸木(高島忠夫)と器用な発明屋の森(砂塚秀夫)を使って、大道具、小道具を駆使した変幻自在の成りきりコスプレで荒稼ぎをしていた。その日も、八百長を仕掛けてた競艇でまんまと300万円を手にするが、ぼったくりバーのホステス麻美(緑魔子)に金を持ち逃げされてしまった。金は全部亭主の保釈金に使ってしまったと、麻美は言うのだが・・・。劇映画としては谷口千吉監督の遺作となったクライム・コメディ。(カラー/シネマスコープ/92分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全2 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5森雅之と緑魔子はさることながら、いかにも欲求不満そうな堅物女を演じた山岡久乃が抜群に良かったです。真鍋理一郎のシャバダバ音楽も最高! (リーダー)[投票]
★4ピンク映画、不発弾に公害企業と68年当時ならではギャグ連発。沖縄(当時は返還前)の米軍ネタは今でもブラックギャグとして十分通じるところが逆に怖い。悪い奴が悪いことをするのはしかたないが、良い奴(ヅラ)が悪いことするのは許せないの一言にも妙な説得力あり。 [review] (ぽんしゅう)[投票]
Ratings
5点1人*
4点2人**
3点0人
2点0人
1点0人
3人平均 ★4.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
マイナーな男と呼ばれて・・・ (ぽんしゅう)[投票(16)]
Links
検索「カモとねぎ」[Google|Yahoo!(J)|goo]