コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ボヤッキイ

[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
207コメント63
3POV

Comments

最近のコメント 10
★2小便小僧の恋物語(1995/ベルギー)「愛してる」というセリフなど、記号的にしか理解しない自分には何やらシックリきません。[投票]
★5ロシュフォールの恋人たち(1967/仏)フォーカスもされてなく、画面ぎりぎりにほんの小さく写ってる町の通行人までがいちいち踊っているのが泣かせる。[投票(6)]
★3ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の七日間(1992/米)「ローラ殺し」以外の謎を解きたかったんだけどねえ……。洞窟とかの。それどころか新たな謎ばかり発生するし……。ほんとリンチってば無責任。[投票]
★4ニノチカ(1939/米)無表情であればあるほど冴え渡るジョーク。ずばりハマったキャラクターを「変身」させるタイミングの良さ。画面に花が咲きました。[投票(4)]
★4スライディング・ドア(1997/英=米)映画なんだから、「美人に限ってしゃべりだけ上手い醜男を好む」、というムカつく現実は忘れさせて欲しかった。[投票]
★4ア・フュー・グッドメン(1992/米)軍隊の中に、制服のボタンを弾き飛ばさん勢いの突巨乳を持つ美人上官デミ。その胸の張り具合はセクハラだ。ロマンポルノだ。(脱線して恐縮です) [review][投票(1)]
★4シンプル・プラン(1998/米)「‘男’の究極型は‘女’で、‘女’の究極型は‘化け物’だ」と、誰だったか説いていたのを思い出した。[投票]
★5ビッグ・リボウスキ(1998/米)だめオヤジ達の「変なこだわり」「間抜け振り」「ドジ振り」がとにかく光り輝く。全然‘dude’になってないデュードは、私の中ですでにアイドルにまで昇華している。[投票(1)]
★3ペイバック(1999/米)可も無く不可も無い平均的なハリウッド・アクション、というものほど心には何も残らんものだ。鑑賞中は割と楽しかったんだがなあ。コバーンが何の役だったかすら覚えてない。[投票]
★4山の郵便配達(1999/中国)良かった。でも自分の父親と二人きりでは、お互い照れくさくて見てられんなあ、きっと。[投票(1)]

Points of View

邦題、やりたい放題[投票(3)]
どう考えても納得いかない邦題の映画集です。すでに誰かやっていそうな枠組みですが、自分なりにまとめてみました。 A:最悪のセンス B:全然原題と意味が違うが許せる C:その程度ならわざわざ変えるな