コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

アルキッド

最近点数を甘くしがち。素直に映画を見る心を取り戻そうキャンペーン中。あら捜しはノーマーシィ!
e-mailall_kid@hotmail.com
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
63コメント44
POV1

Comments

最近のコメント 10
★5セッション9(2001/米)落ちはさておきとして。派手な演出やショッキングなシーンを最後まで避け、構図やライティングに凝ってここまで「浸れる」映画を作ったと言うのは素晴らしい。未公開シーン見たさにDVD買ったのって初めてですよ。[投票]
★2黄泉がえり(2002/日)これまた電気グルーヴの「スコーピオン」。スムーズな演出はそれなりに心地良いけど、描ききれないならもうちょっとエピソードを絞るべきだった気がするなぁ。で、結局黄泉がえった理由は・・・?何だか論点をずらされた気分になりました。[投票]
★3レッド・ドラゴン(2002/米)男性役者陣は皆露出度高いのに、ハーベイ・カイテルはずっと服を着っぱなし。一番喜んで脱ぎそうなのに。[投票(2)]
★4I am Sam アイ・アム・サム(2001/米)「○○ガンバレ」 [review][投票]
★4ザ・リング(2002/米)ジャパンホラーは「湿度」の怖さ、と言われてますが。さすがアメリカ人、全部口で説明しちゃってバッチリ除湿完了。でもその分ダイレクトな怖さは出てました。原点がいかにホラーとして良質かを図らずも証明。[投票]
★3ターミネーター3(2003/米)ラストのひねりでとても安心した。ああ、ちゃんと考えて作ったんだみたいな。ターミネーターでさえ無かったら佳作として通るのに。大ヒット作の続編という宿命に、偉大すぎる父親を持った息子の悲哀を感じる。手塚眞とか。[投票(2)]
★5デアデビル(2003/米)観客が何を観に来てるのか、と言う事を最重要視して作った娯楽作。映画じゃないんです、アトラクションなんです。それも良し。[投票]
★4ロック・スター(2001/米)ヘビメタファンの、バンドってイメージをガッチリ作り上げつつ実情はこんなもんだよね、と言う自虐的な半笑いが聞こえてきそう。主人公のラストの身の振り方も、ヘビメタが廃れていった事への自虐心のようにも取れる。でもきっとそれも愛。ロックは青春というメッセージ。[投票]
★5青い春(2001/日)間接的ながら痛烈な描写と、渇ききれない叙情的な画面との落差がより痛みを感じさせる。演技者不足の日本映画において、ビジュアルのみのキャスティングで、役者の演技よりも監督の手腕のみでキャラクターを描けるという素晴しさ。涙は出なかったけど泣けました。[投票(1)]
★5GO! GO! L.A.(1998/英=フィンランド=仏)すごく戯画化されながらも変にリアル。人生で一回は夢を見る時期があってもいいし、何かを持ち帰ることが出来れば最高だろう。映画の主人公を羨む気分なんて久々。ギャロみたいな友人も居ないしな。偶然か故意か、商売っ気と作家性の両方から良い感じに離れてて心地よい作りだったので、甘いと思いつつ5点。[投票]

Plots

3 件
★4Lie lie Lie(1997/日) 地味に暮らしていた電算写植技師の波多野善二(佐藤浩市)。ある日かつての同級生であった相川真(豊川悦史)が尋ねてきて、部屋に居座ってしまう。実は相川は詐欺師であり、食い詰めて転がり込んできたのだ。奇妙な共同生活の中で、相川は波多野の仕事にちょっかいを出し、いつの間にかちょっとしたコンビにされてしまう。そんな折、相川は波多野のある奇妙な行動に目を付け、でかい仕事を目論んだ!出版社の編集者、宇井美咲(鈴木保奈美)も加わって、「真・善・美」のトリオの行く末は・・・。[投票]
★5蛇の道(1997/日)幼い娘を陵辱された挙句に殺された、復讐に燃える男、宮下(香川照之)。宮下に協力する謎の男、新島(哀川翔)。2人は仇と見られる男たちを次々と攫い、復讐を果たそうとする。しかし、その復讐劇の真の目的とは・・・。黒沢清の新復讐シリーズ第1作。[投票]
★5蜘蛛の瞳(1997/日)6年前に娘を殺された男、新島(哀川翔)。復讐を果たした後に待っていたのは、空虚な日々のみだった。ある日、不意に写真を撮られ、それを呼び水としてかつての同級生、岩松(ダンカン)に奇妙な仕事に誘われる。その仕事とは実は・・・。『蛇の道』に続く、黒沢清の新復讐シリーズ続編。[投票]