コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

うたかた

あまり頻繁に映画を観ないのですが、ぽつりぽつりと足跡を残していきたいと思います。
e-mailglassfish@y3.dion.ne.jp
[参加掲示板] [招待者: ペペロンチーノ]
→気に入られた投票気に入った→
5コメント28

Comments

最近のコメント 10
★4パーマネント野ばら(2010/日)録画していたビデオを期待もせずに観たのだが、切なさにジーンときた。けど、光も見える。緩い展開に騙されてはいけません。気がつくと伏線がいっぱいで、エンドロールが流れる中でいろいろ繋がって、そんでもって後に引きます。[投票]
★4華麗なるギャツビー(2013/米)オリラジの「Perfect Human 」の延長でこの映画を観る若者もいるだろうが、ニックの言葉の意味を理解できたろうか。若い頃に小説を読んだ私は、なぜこの作品が愛されるのか理解していなかった。もう一度、読み返してみたい。ギャツビーの純真が切なくて。[投票]
★3トゥームストーン(1993/米)ヴァル・キルマーがかっこよかった。[投票]
★5アサシン(1993/米)ラストで流れる音楽がすてきです。 [review][投票]
★5あの日、欲望の大地で(2008/米)多くを語らず描ききらずほとんど無駄がない。それに比べて思考を止めてしまいそうな邦題は何?「ミニミニ大作戦」という邦題も軽すぎたし。損してるよね、シャーリーズ・セロンさん。 [review][投票]
★4天国はまだ遠く(2008/日)原作の雰囲気が反映されていて穏やかな気持ちになれます。LOHASですね。 [review][投票(1)]
★3ヘブンズ・ドア(2009/日)ファンタジック・ロード・ムービー。 [review][投票]
★3初恋(2006/日)後半、岸とみすずが目標を明確にしてから、緊張感を持って物語が進み始める。遂行のあと、達成感ではなく、さびしさが二人を襲う。 [review][投票(1)]
★4ボーン・アルティメイタム(2007/米)ストーリーをくどくど説明する無粋な描写がほとんどない。エンディングまで駆け抜けて、Extreme Waysに酔いながら回想。 [review][投票(1)]
★3カリフォルニア(1993/米)狂気と隣合わせに旅しながら、阻止できず離れることもできない苦おしさ。 [review][投票]

Plots

4 件
★3女たちは二度遊ぶ(2010/日)行きつけの喫茶店でネタを模索する作家(ユースケ・サンタマリア)が、隣り合わせた男性客たちの恋愛話を仕入れては4編の小説を綴っていく。「どしゃぶりの女(相武紗季)」、「自己破産の女(水川あさみ)」、「夢の女(小雪)」、「平日公休の女(優香)」。そして最後に自分自身の「つまらない女(長谷川京子)」。5作からなるオムニバス作品。[投票]
★5ソーシャル・ネットワーク(2010/米)ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は学生達の交流の場となるウェブサイトの構築を発想し、寮の友人エドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフィールド)と共に実現。そしてサイト運営の助言を得るために訪ねたNapster創設者ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)の参画を経て世界規模のソーシャル・ネットワーク事業に成長させていく。しかしその過程では知的財産権、金銭、人間関係などの軋みを生んでいた。[120分][投票]
★4恋するトマト クマインカナバー(2005/日)後継者不足に悩む日本の農家。茨城の農家の長男野田正男(大地康雄)もまた、何度も見合いを重ねるが結婚できないでいた。それを見かねた農家の友人勇作(藤岡弘)が、フィリピンパブで働くリバティ(ルビー・モレノ)を紹介。正男とリバティは結婚するためにフィリピンへ向かうが…。[投票]
★3そのときは彼によろしく(2007/日)水草の店「Trash」にトップモデル森川鈴音(長澤まさみ)がアルバイトをしたいとやって来た。困りながらも受け入れた店長遠山智史(山田孝之)は、やがて彼女が幼なじみの滝川花梨と気づく。けれども、花梨は智史の父だけが知る心配を持っていた。そんなとき、二人の共通の幼なじみ五十嵐佑司(塚本高史)の消息が分かる。[投票]