コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ブローニュの森の貴婦人たち(1945/仏)
- 更新順 (1/1) -

★2不覚にも退屈してしまった。この嫉妬の心理劇は「心理を超えた者の影」を描き続けたブレッソンの作品群にあって反面教師的。ダンスシーンはいいが全体から浮いている。 (寒山)[投票]
★4冷たい。この時点でこの台詞・心理描写をやってのけた故に映画史に残ることになったのだろう。 (SUM)[投票]
★3中〜後期ブレッソンの厳しさ・暴力性がない代わりに、この映画は実にきめの細かな画面を持っている。だが私は何よりも中盤エリナ・ラブルデットがアパルトマンで乱舞するシーンを愛する。こんなダンスの撮り方は見たことがない! (3819695)[投票(1)]
★4美しい。本当に美しい。ブレッソンだって、こんな絢爛たる演出をやっていたのだ!最初はブレッソンらしくなくて吃驚。しかしこの演出こそ『ラルジャン』迄に亘るスペクタクルの萌芽なのだろう。 (ゑぎ)[投票]
★3 なんだか、ちぐはぐな感じ。なんかこのマリア・カザレスディートリッヒみたい。 [review] (にくじゃが)[投票]
★3ブレッソン臭はああまりしないけど、ややこしく感情がもつれる話を比較的冷静に、調和のとれた形で描いている印象は受けた。 [review] (くたー)[投票]