コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 愛する時と死する時(1958/米)
- 更新順 (1/1) -

★4これまた凄まじき傑作。冒頭の死体発見から民間人処刑へと続く厳しい時間。空襲警報によって幾度となく中断される リロ・プルファーとの幸福な時間。防空壕の中でチェスをする男のかすかに震える手。歌う女。周辺の描写によって彼らドイツ人が如何様に生活を過ごしていたか、その息吹、慣れきった感覚が痛いほど伝わってくる。室内場面での照明は筆舌に尽くしがたい美しさ。 (赤い戦車)[投票]
★4プロローグからエピローグまで厳しいが美しい映画だ。まず冒頭近く、農民達を処刑するシーンの仰角カットが圧巻。本作も全編に亘って息を呑むような仰角の画面が随所にある。ジョン・ギャヴィンが瓦礫に立つカット等。 [review] (ゑぎ)[投票]
★5世界は信じられないような偶然にあふれていると同時に、誰一人逃れられない宿命の罠もまたあまた仕掛けられているという苦い諦念が、フィルムから濃く滲み出す。米国民に戦争映画の作り物でないリアルなドイツ人を描いて見せた心意気に、私の心臓も鳴動しっぱなし。 (ジェリー)[投票(1)]