コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ライムライト(1952/米)

人心の機微を知り尽くしたチャップリンならではの演出力に感嘆。
緑雨

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







テリーを懸命に激励するカルベロ。やがてその言葉に彼自身が励まされ、その姿を見るテリーにも生きる力が甦る。単に言葉を交し合っている中で、互いの距離が近づき、相互作用で、場全体にポジティブさが生まれる。こうした雰囲気を自然に作り出す演出力は本当に見事。

一番良いシーンだと思うのは、劇場の舞台裏で、テリーがオーディションを受ける場面。暗がりで自然と涙を流すカルベロの姿は胸を打つ。陰影がモノクロフィルムに映える。

ラストのアンコール・ショーは、正直良いとは思えない。空回りぶりに、何だか直視していられないような居たたまれなさすら感じる。が、それでいいのだと思う。どんな人間だって、いつかは衰える。時代に遅れを取ること。それはけっして悲しむべきことではない。それが自然の摂理であることを、チャップリンは十分に自覚し、あれを演ったのだと思う。しかも、キートンまで道連れにして。やはり、チャップリンは凄い。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)3819695[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。