コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

去り行く男 (1956/)

Jubal

[Western]
製作ウィリアム・ファディマン
監督デルマー・デイヴズ
脚本ラッセル・S・ヒューズ / デルマー・デイヴズ
原作ポール・ウェルマン
撮影チャールズ・ロートンJr.
美術カール・アンダーソン
音楽デヴィッド・ラクシン
衣装ジャン・ルイ
出演グレン・フォード / アーネスト・ボーグナイン / ロッド・スタイガー / ヴァレリー・フレンチ / フェリシア・ファー / ベイジル・ルイスデール / ノア・ビアリーJr. / チャールズ・ブロンソン / ジョン・ディークス / ジャック・イーラム / ロバート・バートン
あらすじ西部、ワイオミング。モンタナから峠越えをして来たジュバル(グレン・フォード)は吹雪で馬を失い山を抜けた所で、倒れ伏す。馬車で通りかかり、救けてくれたのが牧場主のシェップ(アーネスト・ボーグナイン)だった。一息ついた後、牧場主は彼にここで働かないかと勧める。迷うジュバル。カウボーイたち数人がいる中で、ピンキー(ロッド・スタイガー)だけが嫌がらせをする。実はピンキーはシェップの若い妻メイ(ヴァレリー・フレンチ)を狙っており、メイがジュバルに色目を使うのを見て嫉妬したのだ。過度に近づいてくるメイの問題もあったが、ジュバルは働くことにする。ポール・ウェルマンの小説の映画化、100分。 (KEI)[投票]
Comments
全2 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4よく有りそうな話だが、原作がしっかりしていて佳作。G・フォードは珍しくマイナーな役だが、反って真面目さが強調された。A・ボーグナインは色々役をこなすが、本作が一番合っている。R・スタイガーもこんな嫌な役が一番だ(ファンの方すみません)。 [review] (KEI)[投票]
★3グレン・フォードが少し格好をつけすぎる一方、男の妬みの醜さをロッド・スタイガーが実に憎たらしい顔つきで演じて懲悪の段取りをつける。風景のパノラミックな構図取り、屋内の配光もいい。デルマー・デイヴィスも画面造型力に優れた演出家だが、ここはさすがチャールズ・ロートンJr.と云うべきか。 (3819695)[投票]
Ratings
5点0人
4点1人*
3点2人**
2点0人
1点0人
3人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「去り行く男」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Jubal」[Google|Yahoo!]