コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

海辺の生と死 (2017/)

[Drama]
製作畠中鈴子
監督越川道夫
脚本越川道夫
原作島尾ミホ / 島尾敏雄
撮影槇憲治
美術沖原正純
音楽宇波拓
衣装伊藤佐智子
出演満島ひかり / 永山絢斗 / 川瀬陽太 / 津嘉山正種 / 井之脇海
あらすじ昭和19年の末。奄美のカゲロウ島へ海軍の部隊が配備された。爆薬ともに特攻艇で敵艦につっこむこと。それが隊に与えられた任務だ。国民学校の代用教員トエ(満島ひかり)は、純白の軍服に身をつつむ若き特攻隊長の朔(サク)中尉(永山絢斗)に一瞬にして惹かれる。文学を愛し島唄を好み子供たちに慕われる逆中尉。ふたりの愛は島の時間のようにゆっくりと、しかし激しく成就していくのだった。東京が焼け野となり、沖縄が戦場と化し、広島に新型爆弾が落された。そんな話が島へ伝わりはじめたとき、ついに逆が出撃する日がやってくる。原作は島尾ミホの同名小説と後にミホと愛憎劇を繰り広げる夫の島尾敏雄の「島の果て」ほか。(155分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4その恋は一瞬にして点火し熱を発散させながら空襲(死)の気配のなか発火する。南の島の熱気と湿気をふりまきながら、そんな女の心情を満島ひかりが体現し尽くす。理性のタガがはずれたように本能のままに男にすがり続けるクライマックスの夜の浜辺のは圧巻。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4終戦近い特攻隊員と島の娘との恋愛物語である。この島で、海軍が秘密の作戦を画している。まるでポエムのような話だが、この島独特の神がかった地域性と特高の心情が豊饒に浄化し、当時の生死観を強く彷彿させる。 [review] (セント)[投票(1)]
★3孤軍奮闘の満島劇場 [review] (寒山)[投票(3)]
Ratings
5点0人
4点3人***
3点1人*
2点0人
1点0人
4人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
マイナーな男と呼ばれて・・・ (ぽんしゅう)[投票(16)]
Links
検索「海辺の生と死」[Google|Yahoo!(J)|goo]