コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

それから (2017/韓国)

Geu-hu
The Day After

[Drama/Romance]
監督ホン・サンス
脚本ホン・サンス
撮影キム・ヒョング
出演クォン・ヘヒョ / キム・ミニ / キム・セビョク / チョ・ユニ
あらすじ小さな出版社の社長で文芸評論家のボンワン(クォン・ヘヒョ)は、妻(チョ・ユニ)から浮気を疑われていた。そんなボンワン社長の会社に職を得た小説家志望の若い女性アルム(キム・ミニ)が初出勤してきた。一気に距離を縮めようとする社長に、少し戸惑を覚えるアルム。その日の午後、浮気の証拠をつかんで乗り込んできた社長の妻に、彼女は愛人と間違われいきなり殴られてしまった。その夜、お詫びのために社長がアルムを誘った酒席に、元社員で本当の不倫相手のチャンスク(キム・セビョク)が現れる。それから・・・・。夏目漱石の代表作に題名を借りたポン・サンス監督、脚本のダメ男の不倫ドラマ。(モノクロ/91分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全4 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5モノクロ映画だ。少々薄めの色調。美しい。はっとする。出だしは朝食を食べながらの妻からの繰り言シーン。男は女の顔を見れず心は宙を舞い、逃げ惑う、、。僕らはもう完全にホン・サンス世界に入り込んでいる。 [review] (セント)[投票]
★4時制交錯の時系列整序が、やりとりされるコミュニケーションの内容自体によって担保されることの際どさ。言わば剥きだすテクストによってのみ支えられている映画。その中で、恐らくはこの映画のモノクロである所以、つまり雪と女優のイメージが交錯するあのさりげないショットの、その一点突破的な映画への欲望は、是とされるものではないか。 (ハイタカ)[投票]
★4社長にも愛人にも妻にも、もちろん巻き込まれた目撃者であるアルム(キム・ミニ)にとっても文字通り「ある日」の“劇的”な出来事だった。そして後日。あんなに切羽詰まり、怒り、泣き、叫んだはずなのに・・・。人の生き方は「記憶の強度」をも左右する。 [review] (ぽんしゅう)[投票]
★3永遠の1日的刹那の掌篇はウォン・カーウァイ的なコンセプトであって、そこまで気障じゃないホン・サンスの柄じゃ無い気がするし辞めるな辞めろの顛末だけでは内実が伴わないのでエピローグの皮相が効かない。車窓外の雪は形骸のロマンティシズムだ。 (けにろん)[投票]
Ratings
5点1人*
4点4人****
3点2人**
2点0人
1点0人
7人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「それから」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Day After」[Google|Yahoo!]