コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

金子文子と朴烈 (2017/韓国)

박열
Anarchist from the Colony
朴烈 植民地からのアナキスト

[Drama]
製作総指揮キム・ジンソン
監督イ・ジュニク
脚本ファン・ソング
撮影パク・ソンジュ
美術イ・ジェソン
音楽パン・ジュンソク
衣装シム・ヒョンソプ
出演イ・ジェフン / チェ・ヒソ / キム・インウ / キム・ジュンハン / 山野内扶 / 金守珍 / 趙博 / 柴田善之 / 小澤俊夫 / 松田洋治
あらすじ日韓併合下、大正期の東京。朝鮮人アナキスト青年の朴烈(イ・ジェフン)の書いた詩に感動した金子文子(チェ・ヒソ)は、なかば強引に同居契約を結んで朴と暮し始めた。キュートだが強い意志で何ごとにも動じない文子と、不屈の闘志を持ちながも明るく悲壮感のない朴。ふたりはは互いに強い思いで結ばれていた。そんなとき関東大震災が発生。治安維持のために内務大臣・水野錬太郎(キム・インウ)がでっち上げた朝鮮人暴動の扇動の嫌疑で二人は逮捕される。ところが、裁判にむけて予備尋問を担当した立松判事(キム・ジュンハン)は奔放な二人の獄中闘争に翻弄されてしまう。実在の無政府主義者カップルを描く歴史ドラマ。(129分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全2 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4シリアスに嵌め込まれたベタな韓流コメディがアナキストの矜持を語り、チェ・ヒソの女は愛敬が出色なのだが、取調室と内閣閣議室を往復するだけのキャメラなど平凡。いい映画とは云いかねる。しかし内容はとびきり刺戟的。 [review] (寒山)[投票]
★4日本否定につながるような言説がありながら「反日」やら「嫌韓」といった粗雑な感情が起きないのは、国家ではなく、まず個人ありきの姿勢が貫かれているからだろう。国民感情などという思考狭窄をさらりとかわし万国共通の抵抗者の矜持を示す、しなやかな映画。 [review] (ぽんしゅう)[投票]
Ratings
5点0人
4点3人***
3点0人
2点0人
1点1人*
4人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「金子文子と朴烈」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Anarchist from the Colony」[Google|Yahoo!]