コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

冬時間のパリ (2018/)

Doubies Vies
Non-Fiction

[Drama/Comedy/Romance]
製作シャルル・ジリベール / シルビー・バルト
監督オリヴィエ・アサイヤス
脚本オリヴィエ・アサイヤス
撮影ヨリック・ル・ソー
美術フランシス・ルノー・ラバルス
出演ギヨーム・カネ / ジュリエット・ビノシュ / ヴァンサン・マケーニュ / クリスタ・テレ / ノラ・ハムザヴィ / パスカル・グレゴリー
あらすじ書籍編集者のアラン(ギョーム・カネ)は、友人の作家レオナール(ヴァンサン・マケーニュ)の新作の出版を断った。自分の男女経験しか書けないレオナールの不倫小説はマンネリでモデルもバレバレ。ネットでもたたかれていた。そんな新作をアランの妻で女優のセレナ(ジュリエット・ビノシュ)は擁護する。何故なら、政治家秘書として飛び回る妻ヴァレリー(ノラ・ハムザウィ)にかまってもらえないレオナールの不倫相手はセレナなのだ。そしてセレナも夫と電子書籍担当の部下ロール(クリスタル・テレ)の関係に薄々気づいているのだが・・・。出版界に迫るデジタル化の波をダブル不倫夫婦の機微に重ねた軽妙な会話劇。(107分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全2 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★3いけしゃあしゃあとビジネスライクな編集者と部下のデジタル不倫と、ずるずるべたべたの悩めるアーティストな小説家と女優のアナログ不倫の混沌。ギョーム・ブラック作品で馴染みのヴァンサン・マケーニュの幼稚・鈍感・厚顔ぶりが相変わらず可笑しい。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3オリヴィエ・アサイヤスの「文学部唯野教授」 [review] (ペペロンチーノ)[投票]
Ratings
5点0人
4点1人*
3点2人**
2点0人
1点0人
3人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「冬時間のパリ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Non-Fiction」[Google|Yahoo!]