コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

遠い一本の道 (1977/)

製作左幸子
監督左幸子
脚本宮本研
撮影瀬川順一
美術育野重一
音楽三木稔
出演左幸子 / 井川比佐志 / 市毛良枝 / 長塚京三 / 殿山泰司
あらすじ昭和50年、北海道。勤続30年の功労賞を受けることになった国鉄の保線区員・市蔵(井川比佐志)の妻・里子(左幸子)は、久しぶりにめかし込んで上機嫌だった。その夜、同じく国鉄に勤める息子の徹(磯村建治)や同僚夫婦によって設けられたささやかな祝いの席に、札幌で銀行に勤める娘の由紀(市毛良枝)が男友達(長塚京三)を連れて現れた・・・・。「マル生」と呼ばれた国鉄合理化運動のもと急速に押し寄せる機械化の中で、働くことの意味を問い続ける国鉄労働者と、その家族たちの戦後30年を描く、女優左幸子の長編初監督作。左プロと国鉄労働組合による共同製作。(110分/カラー/ビスタビジョン) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全2 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5国労がもうアカンと白旗上げた映画ではないか。革命党と民衆の矛盾を多く描いたと云われる宮本研らしいホンなのだろう、労働者の技術の終焉と労組の行き詰まりを具体的に描いて史的価値がある。前衛的な手法も全てツボにハマった傑作。 [review] (寒山)[投票(1)]
★4労働組合による映画でありながら、独りよがりな押し付けや、紋切り型の教条に陥らないところは左幸子監督の見識だろう。「人が働くことの意味」を真っ直ぐに見据える誠実さを感じる。瀬川順一の撮影と浦岡敬一の編集による丹念な画作りの功績も大。 (ぽんしゅう)[投票]
Ratings
5点1人*
4点1人*
3点0人
2点0人
1点0人
2人平均 ★4.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
マイナーな男と呼ばれて・・・ (ぽんしゅう)[投票(16)]むかし殿山、いま柄本。 (ぽんしゅう)[投票(4)]
Links
検索「遠い一本の道」[Google|Yahoo!(J)|goo]