コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ゆの

最近は、好きそうなのを適当にぼちぼち見てます。 中国映画はできるだけ見るようにしています。 単館系、アニメ、アジアンに反応しがちですが、最近は近くのシネコンに偏り気味。だって単館系の上映館遠いんだもん。。。
URLhttp://koci.cocolog-nifty.com/
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
144コメント59
1あらすじ1
1POV4

Comments

最近のコメント 10
★3情聖(1991/香港)ちょっと古典的すぎるか。。。 [review][投票]
★2DEMONLOVER(2002/仏)センスがよいというのは時として罪である。[投票]
★4ビビアン・スーの天使と悪魔(1995/台湾=香港)いや、もうこれ映画というよりお昼のメロドラマなんじゃけど。ビビアン・スー出とるし。しかも演技が体当たりじゃし。好感もてます。うじゃ。[投票]
★4故郷の香り(2003/中国)「香り」というよりも「匂い」といったほうがしっくり来るような、そんな感じで。 [review][投票]
★3ゲド戦記(2006/日)酷評はしない。けれど絶賛もできない。 [review][投票(4)]
★4ユンカース・カム・ヒア(1995/日)時代や生活感の徹底した「リアリティ追求」が鼻につくけど、クライマックスのひろみの言葉は、子供の本心のひとつだと思う。映像表現も清く正しく美しい。 [review][投票]
★4芙蓉鎮(1987/中国)この映画を見てはっきりとわかったことがある。 [review][投票(2)]
★3小さな中国のお針子(2002/仏=中国)実際の中国の田舎はもっと泥臭い。『山の郵便配達』といい、ちょっとフィルター通しすぎなのが気になる。[投票]
★3オペラ座の怪人(2004/米=英)冒頭の音・映像で度肝を抜かれるも、いまいちファントムに感情移入できず。怒涛の音と歌に酔いしれるも、子爵の「王子様っぷり」に酔いも覚める。でも古典を味わえてそれなりに満足。[投票]
★4Hole(1998/台湾=仏)なんなんだこの不安。んで妙に退屈。でも好奇心。ふいに挿入されるにぎやかな懐かしさで一旦リセット。降り続ける雨が妙に暖かく感じられてくる。 [review][投票]

Plots

4 件
★3LOVERS(2004/中国=香港)遊び人の金(随風)<金城武>と仕事熱心な劉<アンディ・ラウ>、正反対の二人だが共に治安を守る捕吏。遊郭で一番の売れっ子、小妹<チャン・ツィイー>が反乱勢力「飛刀門」の頭目の娘と知った劉は、金と一計を講じ小妹を捕縛することに成功する。しかしより大きな手柄を立てようと考えた二人は、「飛刀門」一味をおびき出すため小妹を逃走させ泳がせるよう計画を変更。随風が小妹に惚れた振りをして彼女を連れ出し、うまくいくかに見えたこの謀(はかりごと)だったが・・・。[投票(1)]
★5ふたりの人魚(2000/日=独=中国)「僕」の恋人メイメイ(ジョウ・シュン)は、とあるバーの水槽で“人魚”をやっている。蘇洲河のボートハウスに住むメイメイと、橋を見下ろす部屋で彼女の帰りを待つ「僕」。そんなある日、メイメイと「僕」の前にメイメイのことをかつて自分の前から消えた少女ムーダンだと主張する男マーダーが現れた。メイメイは人違いだと相手にしないが・・・[投票]
★3ただいま(1999/中国=伊)17年前ささいなことで口論となり、義理の妹(義父の連れ子)を殺してしまったタウ・ランに、仮出所して家族と正月を迎えることが許される。しかし家庭に戻ることができないと感じるタウ・ランは、まっすぐ家に帰ることができない。見かねた主任は、自分の帰省をおいて彼女の帰省を手伝うことにするが・・・[投票]
★4運動靴と赤い金魚(1997/イラン)主人公の少年はおつかいの途中で妹の靴をなくしてしまったために、やむなく自分の運動靴を妹と交代ではくことに。 妹は新しい靴をかう経済的余裕がないと知って、自分で靴を探し出すも、その靴は既に他の少女のものになっており自分のものだとなかなか言い出せない。一方少年は、入賞商品が運動靴と知ってマラソン大会に出場するが・・・[投票]

Points of View

最近のPOV 5
徒手空拳[投票]
大好きカンフーもの。
四次元ポケット[投票]
異世界へ横滑り映画。
とっておき[投票]
少なくとも私にとっては。
柔しく剛く[投票]
やさしくて、つよくて、・・・そんな映画。
クィア[投票(1)]
レズビアン、ゲイ、ヘテロなど、セクシュアリティ、ジェンダー、な視野がどこかに入った作品。 監督がレズビアン、ゲイである場合が多い。