コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

hiroshi1

会社員(技術系)。 好きな作家は京極夏彦、横溝正史。 作品に評価を下す行為というものは、その対象を高みの視点から断罪するというものではなく、己の立脚点を明らかにする鏡のようなものだと感じている。
URLhttp://www9.big.or.jp/~hiroshi1
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
151コメント19

Comments

最近のコメント 10
★3ジュラシック・ワールド(2015/米)CG映画の総本山が、意地を見せる最後の良心。 [review][投票(1)]
★3ピクセル(2015/米)こういうノスタルジーをテーマにドラマ化すると素材が最大公約数にならざるを得ない。で、個人のツボとは微妙にズレる。 [review][投票]
★4KANO 1931海の向こうの甲子園(2014/台湾)前半、特訓と結果との因果関係があまり描かれていないので、なんとなく鍛えられて、唐突にチームが強くなってしまう事への違和感あり。試合は白熱して非常に面白いのに、フワッとした前半が良作止まり感を助長。しかし3時間の長尺を飽きさせないのは見事。 [review][投票(1)]
★4ラッシュ プライドと友情(2013/米=独=英)日本でのF1ブームの洗礼を受けた世代としては、まるで神話が動いているようだった。第二期ホンダ最強時代、セナプロ対決、古豪ピケ・マンセルの奮闘。それらのバックボーンとして語られる1970年代が、眼前に実写として躍動するこの興奮! [review][投票(3)]
★3陽暉楼(1983/日)「女の情念を描いた大作映画で女優開眼!」とかいう流れに乗りたい女優さんのための映画だと思います。でもこういうベタな日本的大作は嫌いじゃないです。 [review][投票]
★4魔界転生(1981/日)角川だとか深作だとか、良くも悪くも大看板がこの映画の正当な評価を妨げているような気がしないでもない。これだけの活力ある映画を生み出す力が、現代の邦画界にあるだろうか? [review][投票(1)]
★4転校生(1982/日)お兄さんお姉さん世代が垣間見せてくれた、ドキドキする甘酸っぱい青春の世界。それを布団の中からこっそり見てた、小学生の自分。ラストシーンを思い出すと、比喩じゃなくて本当に呼吸が苦しくなる。今でも。[投票(1)]
★4海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE(2012/日)大葉健二御大の躍動には比べるべくもないが、若い連中もがんばっとる。劇中の烈のように、35年の重みを背負う若人達を、暖かい目で見守りたい。 [review][投票]
★4ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐(1960/日)東宝スター総進撃、円谷英二入魂の特撮。一大戦争スペクタクル映画という豪奢なドレスの隙間から覗く、戦争体験という鎧の地金。 [review][投票]
★5仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ(2010/日)平成ライダー史上最高の劇場版。ありがちなアナザーワールドの話ではなく、ちゃんと本編とストーリーが地続きなのも良い。(具体的には44話と45話の間。)アクション映画としても掛け値なしの一級品、成功作Wの掉尾を飾るに相応しい。 [review][投票]