コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

Sigenoriyuki

映画っていうといかにも機械生産っていう感じがしてね、活動の方がまだ芸術って感じがする。
[参加掲示板] [招待者: けにろん]
→気に入られた投票気に入った→
134コメント155

Comments

最近のコメント 10
★4クランプス 魔物の儀式(2015/米)ジョージ・A・ロメロジョー・ダンテ的記憶がにじみ出ている。わずかな視線や仕草で人物の関係を示す、音や光に対する感覚、空間や小道具を生かしたアクションもちゃんと撮れている。ファミリー層を意識したためある程度のヌルさは致し方ないだろうが終盤の雑さは気になる。だがこの監督の次回作は期待できる。少なくとも庵野秀明ギャレス・エドワーズよりはずっといい仕事をするだろう。[投票]
★3グリーン・インフェルノ(2013/米=チリ=カナダ)銃というアイテムは恐怖に対して容易に反撃できる手段であり、多くのホラー映画においてそれを劇中に持ち込むことは忌避されている。しかしイーライ・ロスの作品には現在まですべての監督作において銃が登場しており、このことから見ても本来この人の資質はアクション映画向きなのだと思う。ホラーというジャンルにこだわり続ける限りこの監督の真価が発揮される時は訪れないだろう。[投票]
★4宇宙へのフロンティア(1989/米)まず何よりこれはオープンセットの自然光により宇宙空間や月面を撮影した映像が使われているという点で他の宇宙SF映画の追随を許さないだろう。この光と影のコントラストを特撮やセットで表現することができた作品は未だ一つとして見たことがない。とても記録のために撮られたとは思えない劇映画のような演出とカメラワークがここにあることにただただ驚く他ない、無論それは編集の際に映像の取捨選択があってこそだろうが。[投票]
★3ラ・ラ・ランド(2016/米)やはり歌唱シーンではA Lovely Nightが最も優れており、ここはあのLAの夜景が見える丘のロケーションを選べた時点でもう勝ちだったと思う。そうした歌唱シーン幻想シーンには評価すべきところもあるのだが、ドラマ部分の演出が平凡というか力押しなところがありどうにも退屈である。なんというかミュージカル映画というジャンルにおける『シン・ゴジラ』みたいな作品だなと。 [review][投票(7)]
★3マリアンヌ(2016/米)クラシカルな佇まいと誰もが口にしたくなるような作品だが、映画におけるクラシカルとは具体的には30〜50年代あたりの作品群に似ていることを指すのだとしたら、そうした記述を迷わせる部分がこの映画にはある。それはカラーであることでもCGを用いることでもなく、シネスコでありスタンダードの1.33:1の比率の画面を採用していないことである。 [review][投票]
★47月4日に生まれて(1989/米)プラトーン』に懲りてこの映画を見落とさなかったのは幸運であった。まず何よりトム・クルーズがいいし、序盤の戦闘におけるロケーションがありがちなジャングルではなく砂浜や開けた原っぱのような西部劇的な空間であるのも良い。メキシコへの逃避行、ラストは"home"に帰り終わる、これはベトナム戦争の映画である前にどこまでもアメリカの映画であり、それ故に素晴らしい。[投票]
★4デスノート Light up the NEW world(2016/日)佐藤信介もようやくメジャー映画で傑作をものにしてくれた。『LOVE SONG』以来15年ぶり。『シン・ゴジラ』がついぞ獲得しえなかった東京の空撮の豊かさ、会議シーンの空間的面白さ。頭脳戦という映像映えしない要素はばっさり切り捨て、視線によるサスペンスとノートにペンを滑らすアクションで魅せるのは映画として極めて正しい選択である。[投票]
★2ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016/米)ギャレス・エドワーズという人にはもう少し期待していただけに失望した。相変わらずカメラが引いてる時はそれなりに冴えているのにカメラが寄ると途端にダメになる。根本的に人間に興味がない監督なのに感傷的な親子のドラマを撮るもんだから見てられない。『ゴジラ』は人間がただの脇役であったから幾分かマシだったのだ。ドニー・イェンは異様な存在感を放つがそれは明らかに本人の人徳の成せるわざである。[投票(2)]
★3レッドタートル ある島の物語(2016/日=仏=ベルギー)台詞を排し動きの力だけで最後まで見せる、誠実な作品ではあるし十分面白くもあるのだが、これをサイレント映画的というのは少し違うと思う。サイレント映画の登場人物は無口ではなく普通に喋っている、重要なのはその内容が観客にすべて伝わる必要がないという点である。音楽は大げさで感情を誘導しようとする意図が露骨で興ざめ、地味でアーティスティックではなく派手でハリウッド的な部分が不満。蟹さん萌え映画としては優秀。 [review][投票]
★3キング・オブ・エジプト(2016/米=豪)製作にも名を連ねているあたりプロデューサーによる押し付け企画ではなくアレックス・プロヤスはどうやら好き好んでこの題材を手掛けたようでそのため50年代史劇に見られるような鈍重さはここにはなく快活なアクション映画に仕上がっている。CGの多用はゲームムービー一歩手前でギリギリ映画の側に踏み留まっている。『ジョン・カーター』のように平凡ではあるが素晴らしい、という評が適切か。[投票]