コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 雲がちぎれる時(1961/日)
- 更新順 (1/1) -

★3有馬稲子のやさぐれ感がモグリの看護婦になり玄関先を掃除する辺りで地味に炸裂するのが凄いのだが、彼女が佐田啓二を遠ざける女心がもうひとつ伝わってこないし、収束はさらによく判らない。 [review] (寒山)[投票]
★3王道を行くも何故か結晶化せず。渦中の二人が、哀れというよりは愚かとしか見えないようでは…。メロドラマの描写には冷徹さが必須だが、その点、成瀬小津はやはり卓越していた。 ()[投票]