コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 幸せの教室(2011/米)
- 更新順 (1/1) -

★350代の有能な男が低学歴と言うことだけでリストラされ、コミュニティ・カレッジに入学し、美人の同級生や教師と・・・・と言う設定はいいのだが、脚本は物足りない。もう少し意外な展開を見たかった。 (万城目ドラッグ)[投票]
★4トム・ハンクスにここまでコメディ演出の才能があるとは驚きだ。画面から笑いが入ってくる。とりわけジュリア・ロバーツが夫と喧嘩するシーンで顕著。チーズケーキもハハハ!の笑いも伏線だったことがよく分かる。経済学の教授がフレーム外から手を伸ばしてくるカットも可笑しい。数回あるスピーチ場面も単発的な笑いではなく、カットが変わるごとに笑いが増幅されるようよく練られ、逆算されている。これは面白い。 (赤い戦車)[投票]
★5私も数年前に会社を辞め、高等職業技術専門校に通い、若い人たちと会い、半生をまとまめた気がします。多くの刺激を受けた大人しくないオヤジです。ジュリア・ロバーツには会えなかったのが残念ですが・・・。何度も観てしまった。2013/8/24 DVD鑑賞 [review] (中世・日根野荘園)[投票]
★2設定しかない。説明も過程もないし、内容すらない。さまにならないジュリア・ロバーツと、雰囲気だけ塗りつけた脇役たちのキャラクター。面白くない。 (あちこ)[投票]
★4えー、僕も会社を辞めて、学校に通って、ジュリア・ロバーツ先生と結婚したいです(←という映画じゃない)。 (G31)[投票]
★3トム・ハンクスは何がしたかったんだろう? 『幸せの教室』という凡庸な邦題がぴったりの地味な作品。 [review] (ぐるぐる)[投票]
★3展開に起伏がないし、わかりきった結末に進むだけの物語。しかし、わかりきってても暖かい気持ちにはしてもらえた。ジュリアの笑顔は相変わらず可愛いし、共演者たちの表情もいい。休みの日の朝にはこういう作品がいいのかも知れない。 (tkcrows)[投票(1)]
★2誰も損しないほのぼの映画。 (stimpy)[投票]
★2冒頭の解雇を受ける5分間までは水準の出来。けれどもその後の平面的な内容、演技、演出どれをとっても現代の映画にそぐわない出来だと言わざるを得ないのではないか。何回居眠りしても展開しないストーリー、、。 (セント)[投票]