コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

G31

ときどき表紙が表示されない(最上段と左側のメニュー部分だけ)。大抵こんなとこから始まるのだが。。。◆また引越し。今度は、前にも居た港町に二度目の赴任。♪あなた知ってる〜◆ほんと快適。雪が融けて歩きやすくなった道路みたい◆あなたお願いよ/席を立たないで/バスが止まるまで/席にいてほしい/あなたが/無事なんです◆未来世紀。1年半遅れの目標突入。2年半かな。しばらく気ままに♪ブラジルひとり旅〜◆GWなのに退屈を持て余す。定めかね。◆時計、さらに遅れたね◆今回ばかりはもう駄目かと思ってました。なんとなくですが。ありがとうございます。◆IT happened one season.◆劇場公開作のフォローが減って、観る総本数は
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
1919コメント1838
41あらすじ10
7POV

Comments

最近のコメント 10
★3始皇帝暗殺(1998/日=仏=中国)歴史を画した偉人を、後世の、そうでもない人間たちが描く。死の危機よりも大きなものに心を奪われるという場面描写、頑張った。 [投票]
★3ジュラシック・ワールド/炎の王国(2018/米)熔岩とか笑える。でもこの世界を味わうには“乗り物目線”が案外重要だったのかも。今更だけど。[投票]
★5ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018/米)息を呑むアクションのつるべ打ちに強制的にも陶然とさせられた感。単に酸素が足りなくなっただけかも。[投票]
★3鳥(1963/米)鳥の波状襲撃が始まるまでの、取って付けたような人間ドラマの部分が、結構かったるい。 [review][投票]
★3ホーム・アローン 2(1992/米)子をアローンにしてしまう展開が、1作目より格段に練られていて、最低限の必然性もある。よっぽど叩かれたんだろな、母役。[投票]
★4男はつらいよ 寅次郎恋やつれ(1974/日)脚本家なんてのは、マドンナ=吉永小百合で一定の集客が見込めるとなると、他の部分で実験してみようてな計算をするものかしらん。 [review][投票]
★3痙攣 けいれん(2004/日)ユメカの広島弁の「透明人間になりたい」の「透明」のイメージがないんだと。凹凸がないみたいにも言ってる。よほど寸胴みたいな胴体だったのか。[投票]
★3男はつらいよ 寅次郎恋歌(1971/日)8作目での定住者と放浪者という対抗軸の提示に、今更ながらと感じたところはあるかもしれない。 [review][投票(2)]
★4男はつらいよ 私の寅さん(1973/日)さくらや博は満男が将来、寅さんみたいになると心配しないのか。一行が長崎・雲仙行きをためらうのは、岸恵子が出てくる伏線なのか。 [review][投票(1)]
★4ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015/米)トム・クルーズ並みに不可能を可能にする高い身体能力と麗しい容貌を併せ持つレベッカ・ファーガソン。気苦労は断トツで可哀想だった。[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★3オーシャンズ8(2018/米)舞台はニューヨークの美術館で開催される業界超セレブご参集パーティー。旬のハリウッド女優、ダフネ・クリューガー(ハサウェイ)がカルティエから借りて身に纏う時価1億5千万ドルのダイヤのネックレスを標的に、デビー・オーシャン(ブロック)率いる女ばかりの強盗団が暗躍!厳重な警備をかいくぐり、はたして彼女らの目論見は成功するのか・・・?!「オーシャンズ」シリーズ最新作。110分。 [more][投票]
★3ピーターラビット(2018/米)風光明媚な英国・湖水地方。画家のビア(バーン)や動物仲間と愉しく暮らすピーター・ラビット(声:コーデン)の隣家に、傷心の青年・トーマス(グリーソン)がロンドンから越してきた。動物嫌いながら、ビアの気を引きたいトーマスと、ビアの前では純情な動物を演じるピーターたちとの間に、秘かで激しいバトルが始まる・・・。ビアトリクス・ポッターの絵本名作を実写(+CG)化。95分。[投票]
★4ホース・ソルジャー(2018/米)実戦経験のないネルソン大尉(ヘムズワース)だったが、11人のグリーンベレー隊員を率いてアフガニスタンの高原へ降下。だが米軍の支援を受ける北部同盟のドスタム将軍(ネガーバン)は、ネルソンをリーダーと認めない。山岳地帯の移動に必須な馬の用意も6頭だけだった・・・。9.11テロ後のアフガン侵攻で先陣を切った米陸軍特殊部隊の秘闘を描くノンフィクション"Horse Soldiers"の映画化。130分。 [more][投票]
★4レッド・スパロー(2018/米)ボリショイ歌劇団のプリマドンナ、ドミニカ(ローレンス)は、あるアクシデントにより、諜報機関に勤める叔父・ワーニャ(スーナールツ)の強引な誘いでロシアのスパイ養成機関“スパロー(雀)”へ入校。彼女に与えられた任務は、米CIA諜報員・ナッシュ(エドガートン)に近づき、彼のロシア側情報源“モグラ”の正体を探ること・・・。元CIA局員、ジェイソン・マシューズの原作小説の映画化。140分。[投票]
★3トゥームレイダー ファースト・ミッション(2018/英=米)財宝ハンター、ララ・クロフトの誕生秘話▼父・リチャード(ウェスト)からの音信が途絶えて7年。娘・ララ(ヴィキャンデル)は、父の遺したビデオを見て初めて父の挑んだ冒険を知り、自ら父の跡を追うことに。日本初代女王・ヒミコが眠る魔海の孤島への手掛りを求め、父が手を組んだ船主ルー・レンを訪ね香港へ・・・▼人気コンピューターゲームの再映画化。118分。[投票]

Points of View

最近のPOV 5
伝記映画[投票(1)]
実在の人物の評伝。描く主眼が事件や事象であるものは対象外。集団物・群像劇も同じく。ドキュメンタリーも別物。近代以降(仏陀とかイエスとかは非対象)。
ロケ地 函館:道南を舞台にした映画[投票(4)]
世界有数のフォトジェニックな地形を誇る観光都市・函館。幕末開港以来の国際貿易港として、また戦後は北洋船団の拠点として栄えた歴史を持つ独特の風土は、昔から幾多の映画にその舞台として選ばれてきました。函館ほか北海道南部地域でロケのあった作品を含みます。A=60年代以前(11本)。B=70年代(4本)。C=80年代(10本)。D=90年代(9本)。E=00年代(14本)。F=10年代(3本)。リクエスト中=『美式天然』(2005、長万部)。ほか未登録作品多数。
家書抵萬金[投票(1)]
手紙が重要な小道具になっていたり、手紙や郵便の役割について考えさせられるところのある映画群。タイトルは杜甫「春望」の一節。
☆☆≡あめりかよ!アメリカよ!≡☆☆[投票]
好きで嫌いで好きなアメリカ。ノモもシンジョーもダイマジンもゴジラもみんなアメリカを目指した! タイトルは敬愛するノビー(信彦)落合大先生の著作より借用。A:アメリカ万歳!な映画。 B:アメリカをお勉強する映画。 C:アメリカへ行こう!(あるいはアメリカへの憧憬?)な映画
頭文字“G”[投票(1)]
某人気漫画から借用(そっちでは“D”だけど)。特に意味なし。ナニカのサンコにして千代。