コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

G31

未来世紀。1年半遅れの目標突入。2年半かな。しばらく気ままに♪ブラジルひとり旅〜◆GWなのに退屈を持て余す。定めかね。◆時計、さらに遅れたね◆今回ばかりはもう駄目かと思ってました。なんとなくですが。ありがとうございます。◆IT happened one season.◆劇場公開作のフォローが減って、観る総本数は減る。だが、家の大型テレビで観る頻度はむしろ増えた。コメントをまとめる集中力に欠ける。◆ジェイミー・リー・カーティスも賞賛する世界に影響ある100人の近藤“Marie Poppins”麻理恵さん。彼女も凄いが、“ときめき”をSpark Joyと訳した人も凄いよな・・・◆今年も一年、シネスケが無事でありますように。個人的な目標は、
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
1852コメント1760
41あらすじ10
6POV

Comments

最近のコメント 10
★3インサイド・ヘッド(2015/米)中盤、脳内の暗黒面を覗くエグい描写が続き、怖かったです。どうせハッピーエンドなんだろと防衛機制を働かせながら見ました。 [review][投票]
★4パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち(2003/米)隙間だらけのおおらかな世界観とストーリー。受け入れて、楽しむだけ。 [review][投票]
★3ダイアナの選択(2007/米)映画に、彼女の選択を暗く描く意思はないにしても、明るくもないのが不満というか不思議。もっと光を。[投票]
★4素晴らしき哉、人生!(1946/米)理屈で言えば、この映画が素晴らしいと高く評価されるのは、世の中がそうでないからですね。 [review][投票]
★4陽のあたる坂道(1958/日)北原三枝目線でも余儀なくされたか、独善ボヨ〜ン坊っちゃんの裕次郎世界に憧憬を抱かされ、拭いえない。坂の上は鬼門だ。[投票]
★2アギーレ 神の怒り(1972/独)なんかこう、暴君というか圧政みたいなものがそこに成立してしまってみえるところがイヤですね。[投票]
★2ウルヴァリン:SAMURAI(2013/米)五右衛門、新幹線上の死闘、心臓虫など個々の構成要素は良いもの多々。全体としては盛り込みすぎか。消化不良。 [review][投票]
★3ベスト・キッド(2010/米)話の構成要素にセンセーションが乏しく、その分、ストーリーに説教臭が強くなった印象。 [review][投票]
★3ミニミニ大作戦(2003/米=仏=英)イタリアンというならミニの色は赤・白・緑とすべきだろう。赤・白・青ではフレンチ・ジョブだよ(ブツブツ)。 [review][投票]
★4ワイルド・スピード ICE BREAK(2017/米)ハリウッドのカー・アクションはここまで来た!という集大成な作品。大仕掛けなアクションを、冬タイヤの大切さまで噛み締めさせる地に足のついた配慮(?)が支える。まだ先に進む気満々だね。[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★4ワイルド・スピード ICE BREAK(2017/米)ホブス(ジョンソン)の招集で、秘密電磁兵器の奪還に再び集結したファミリー。ところが、ドミニク(ディーゼル)が一人、皆を裏切り、兵器とともに姿を消す。背後に謎の女サイファー(セロン)の存在が明らかになる。彼女の破壊的な狙いを察知したファミリーは、ドミニクとの対決に向かう。そこへ宿敵デッカード・ショウ(ステイサム)が現れ・・・。大ヒット・カーアクションのシリーズ8作目。136分。[投票]
★3美女と野獣(2014/仏=独)野獣の森から1本のバラを盗んだ父に代わり、その美しい娘・ベルは野獣の住む城塞に赴く。だが野獣の出す条件は毎晩定時に晩餐の席に着くことだけ。やがてベルは、野獣の恐ろしい顔の下に隠れた別の本性に気づき始め・・・。フランスの著名ファンタジーの実写化。113分[投票]
★4大統領の執事の涙(2013/米)ホワイトハウスで7代の大統領に仕えた黒人執事の物語。綿花農園で父親を射殺されたセシル少年は、屋敷内での使役を命じられ、自分の存在を消して給仕する術を学ぶ。長じて執事の職を得たホテルでも働きぶりが認められ、大統領官邸に転職。彼の給仕は各大統領からも気に入られ、親交を結ぶが・・・。時代変化の波が彼と彼の家族を洗う。130分。[投票]
★4ハンナ・アーレント(2012/独=イスラエル=ルクセンブルク=仏)ドイツ生まれのユダヤ人哲学者、ハンナ・アーレントの伝記映画。1960年、イスラエル諜報機関によるアイヒマン逮捕の報は、N.Y. のユダヤ人社会にも衝撃をもたらした。自身も被抑留者だったハンナは裁判傍聴を希望、雑誌“ニューヨーカー”の特派員としてエルサレムへ赴く。だが帰国後、彼女が発表したレポートは、アイヒマンを擁護し、ユダヤ人同胞を侮辱したとして、ごうごうたる非難を浴びるー。“アイヒマン裁判”に関わった彼女の4年間の生活を通して、“悪の凡庸さ”を指摘したアーレントの個性と思想の真髄に迫る。114分。 [more][投票]
★331年目の夫婦げんか(2012/米)結婚31年目の倦怠夫婦、ケイ(ストリープ)とアーノルド(ジョーンズ)が、海岸リゾート地に住む著名な結婚セラピスト・フェルド(カレル)の夫婦セラピーにのぞむ。互いに言わないできた性生活についての本音をぶつけ合うハメとなりー。『プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル監督による再ロマンス&コメディ。110分。[投票]

Points of View

ロケ地 函館:道南を舞台にした映画[投票(4)]
世界有数のフォトジェニックな地形を誇る観光都市・函館。幕末開港以来の国際貿易港として、また戦後は北洋船団の拠点として栄えた歴史を持つ独特の風土は、昔から幾多の映画にその舞台として選ばれてきました。函館ほか北海道南部地域でロケのあった作品を含みます。A=60年代以前(11本)。B=70年代(4本)。C=80年代(10本)。D=90年代(9本)。E=00年代(14本)。F=10年代(3本)。リクエスト中=『美式天然』(2005、長万部)。ほか未登録作品多数。
家書抵萬金[投票(1)]
手紙が重要な小道具になっていたり、手紙や郵便の役割について考えさせられるところのある映画群。タイトルは杜甫「春望」の一節。
☆☆≡あめりかよ!アメリカよ!≡☆☆[投票]
好きで嫌いで好きなアメリカ。ノモもシンジョーもダイマジンもゴジラもみんなアメリカを目指した! タイトルは敬愛するノビー(信彦)落合大先生の著作より借用。A:アメリカ万歳!な映画。 B:アメリカをお勉強する映画。 C:アメリカへ行こう!(あるいはアメリカへの憧憬?)な映画
頭文字“G”[投票(1)]
某人気漫画から借用(そっちでは“D”だけど)。特に意味なし。ナニカのサンコにして千代。
地域限定映画〜実験的POV〈010〉〜[投票]
主要な舞台が、一つの街、地域に限定されている映画。それが何を意味するのか今のところ不明。A:都市、街。B:田舎。C:郊外、その他。分類は独断。