コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

G31

また引越し。今度は、前にも居た港町に二度目の赴任。♪あなた知ってる〜◆ほんと快適。雪が融けて歩きやすくなった道路みたい◆あなたお願いよ/席を立たないで/バスが止まるまで/席にいてほしい/あなたが/無事なんです◆未来世紀。1年半遅れの目標突入。2年半かな。しばらく気ままに♪ブラジルひとり旅〜◆GWなのに退屈を持て余す。定めかね。◆時計、さらに遅れたね◆今回ばかりはもう駄目かと思ってました。なんとなくですが。ありがとうございます。◆IT happened one season.◆劇場公開作のフォローが減って、観る総本数は減る。だが、家の大型テレビで観る頻度はむしろ増えた。コメントをまとめる集中力に欠ける。◆【ジェイミ
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
1906コメント1827
41あらすじ10
7POV

Comments

最近のコメント 10
★4男はつらいよ 望郷篇(1970/日)額に汗して、油まみれになって働く。寅さんにはそれがとことん似合わないと痛感させられ、苦いんだけど、大笑いしてしまう。 [review][投票(2)]
★3オーシャンズ8(2018/米)3000回シミュレーションした割には想定外が・・・と思わないでもないが、サクサク展開がストレスフリーではある。 [review][投票]
★3スノーホワイト 氷の王国(2016/米)話は『アナ雪』の変奏曲だが却って展開が読め、本家はよっぽど捻ってたのだなと。日に焼けた皮が剥けるようなシーンまで映像はキラキラと綺麗。[投票]
★3ロスト・バケーション(2016/米)食材はあり合わせ。調理法もありきたりなんだが、やっぱそこはそう来てほしいという定石に沿った展開が楽しめる、手堅い定番手料理。[投票(1)]
★4オデッセイ(2015/米)頭の中で考えると面白いサバイバル問題を映画に置き換え実現する奇跡。この緻密さ半端ねえって。[投票]
★4エクソシスト(1973/米)お首がクルリと輪を描いた。ホーイのホイ〜。 [review][投票]
★3アメリカの災難(1996/米)初見のティア・レオーニにホの字。母に比すのは厳禁と肝に刻まれました。(そんな機会もないが)[投票]
★3ジュラシック・パークIII(2001/米)危機→脱出の重ね打ち展開は基本であるにしても、やや単調というか恐竜(CG)依存過ぎか。乗物パートが案外重要だったのかも(今更だが)。[投票]
★3ピーターラビット(2018/米)キュートな顔の作りに似合わず、ピーター・ラビットの性格が相当邪悪で面白い。もとからの設定なのだろうか。 [review][投票]
★4バリー・シール アメリカをはめた男(2017/米)バリー・シールという人物の皮膚の内側に入り込んだかのごとき一体感。彼と一緒に操縦桿を握り、彼と一緒に冒険を味わった。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★3オーシャンズ8(2018/米)舞台はニューヨークの美術館で開催される業界超セレブご参集パーティー。旬のハリウッド女優、ダフネ・クリューガー(ハサウェイ)がカルティエから借りて身に纏う時価1億5千万ドルのダイヤのネックレスを標的に、デビー・オーシャン(ブロック)率いる女ばかりの強盗団が暗躍!厳重な警備をかいくぐり、はたして彼女らの目論見は成功するのか・・・?!「オーシャンズ」シリーズ最新作。110分。 [more][投票]
★3ピーターラビット(2018/米)風光明媚な英国・湖水地方。画家のビア(バーン)や動物仲間と愉しく暮らすピーター・ラビット(声:コーデン)の隣家に、傷心の青年・トーマス(グリーソン)がロンドンから越してきた。動物嫌いながら、ビアの気を引きたいトーマスと、ビアの前では純情な動物を演じるピーターたちとの間に、秘かで激しいバトルが始まる・・・。ビアトリクス・ポッターの絵本名作を実写(+CG)化。95分。[投票]
★4ホース・ソルジャー(2018/米)実戦経験のないネルソン大尉(ヘムズワース)だったが、11人のグリーンベレー隊員を率いてアフガニスタンの高原へ降下。だが米軍の支援を受ける北部同盟のドスタム将軍(ネガーバン)は、ネルソンをリーダーと認めない。山岳地帯の移動に必須な馬の用意も6頭だけだった・・・。9.11テロ後のアフガン侵攻で先陣を切った米陸軍特殊部隊の秘闘を描くノンフィクション"Horse Soldiers"の映画化。130分。 [more][投票]
★4レッド・スパロー(2018/米)ボリショイ歌劇団のプリマドンナ、ドミニカ(ローレンス)は、あるアクシデントにより、諜報機関に勤める叔父・ワーニャ(スーナールツ)の強引な誘いでロシアのスパイ養成機関“スパロー(雀)”へ入校。彼女に与えられた任務は、米CIA諜報員・ナッシュ(エドガートン)に近づき、彼のロシア側情報源“モグラ”の正体を探ること・・・。元CIA局員、ジェイソン・マシューズの原作小説の映画化。140分。[投票]
★3トゥームレイダー ファースト・ミッション(2018/英=米)財宝ハンター、ララ・クロフトの誕生秘話▼父・リチャード(ウェスト)からの音信が途絶えて7年。娘・ララ(ヴィキャンデル)は、父の遺したビデオを見て初めて父の挑んだ冒険を知り、自ら父の跡を追うことに。日本初代女王・ヒミコが眠る魔海の孤島への手掛りを求め、父が手を組んだ船主ルー・レンを訪ね香港へ・・・▼人気コンピューターゲームの再映画化。118分。[投票]

Points of View

最近のPOV 5
伝記映画[投票(1)]
実在の人物の評伝。描く主眼が事件や事象であるものは対象外。集団物・群像劇も同じく。ドキュメンタリーも別物。近代以降(仏陀とかイエスとかは非対象)。
ロケ地 函館:道南を舞台にした映画[投票(4)]
世界有数のフォトジェニックな地形を誇る観光都市・函館。幕末開港以来の国際貿易港として、また戦後は北洋船団の拠点として栄えた歴史を持つ独特の風土は、昔から幾多の映画にその舞台として選ばれてきました。函館ほか北海道南部地域でロケのあった作品を含みます。A=60年代以前(11本)。B=70年代(4本)。C=80年代(10本)。D=90年代(9本)。E=00年代(14本)。F=10年代(3本)。リクエスト中=『美式天然』(2005、長万部)。ほか未登録作品多数。
家書抵萬金[投票(1)]
手紙が重要な小道具になっていたり、手紙や郵便の役割について考えさせられるところのある映画群。タイトルは杜甫「春望」の一節。
☆☆≡あめりかよ!アメリカよ!≡☆☆[投票]
好きで嫌いで好きなアメリカ。ノモもシンジョーもダイマジンもゴジラもみんなアメリカを目指した! タイトルは敬愛するノビー(信彦)落合大先生の著作より借用。A:アメリカ万歳!な映画。 B:アメリカをお勉強する映画。 C:アメリカへ行こう!(あるいはアメリカへの憧憬?)な映画
頭文字“G”[投票(1)]
某人気漫画から借用(そっちでは“D”だけど)。特に意味なし。ナニカのサンコにして千代。