コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

G31

太福さんで初めて浪曲をみっちり聞く。「忘れな草」も素晴らしかった(僕は「ルリ子」わかったよ)が、「三十石船」がやっぱ良い。「白銀荘」は笑った。◆寅さん、「知床旅情」飛ばされちゃった。観光船事故の影響か。つらいねえ◆よし、外そう◆2681年はコメント投稿80本。再投稿もあるから新規分はさらに少ない。82年もこんなペースかな◆十と出たホイのヨサホイのホイ 尊いお方と・・・小室さんもやっぱ羽織袴するのかな。しないだろうな◆寅さん、今度また1作目がBSテレ東でかかる。毎週連続放送、またやるのだろうか。始めると1年かかるけど。また観ちゃうんじゃないかな◆岡本だけが希望だな◆JCOMオンデマンドは見たい洋画が吹替
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2104コメント2060
43あらすじ11
8POV

Comments

最近のコメント 10
★3キング・オブ・シーヴズ(2018/英)世のジーサンたちに元気を。この考え方は正しいと思う。犯罪者を正当化するような描き方が間違いでは。捜査側から描くとかでも元気は与え得たかもよ。 [review][投票]
★4シザーハンズ(1990/米)シザーハンズあるある:「え、ジョニー・デップ?出てたっけ、この作品に?・・・あ!」 [review][投票]
★3ブレット・トレイン(2022/米)チープ。狙って作ったチープではあるのだろうけれど。薄く作りすぎた水割りみたい。 [review][投票(1)]
★4ファースト・マン(2019/米)人類初の月着男も宇宙服脱げば家庭人。茶の間の延長に宇宙がある的アプローチ。かえって緊張感が増幅された感じ。 [review][投票(1)]
★4博士と狂人(2019/米=アイルランド=仏=アイスランド)何かとんでもなく不吉なことが起きそうだという関心を引っ張るのがとても上手い。主演二人の顔もたいがい怖いし。 [review][投票]
★3フォーン・ブース(2002/米)物語を積み上げていく構成力の緻密さは凄い。でも好き嫌いで言うともう一捻り必要。 [review][投票]
★3ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2022/米)スパイ映画「ミッション・インポッシブル」でも観るかのような小ローマ旧市街でのバイクとの追っかけっこ。こういうの見たくなかったとまでは言わぬが、どうしても見たかったかと問われると・・・。 [review][投票(1)]
★2男はつらいよ 寅次郎の青春(1992/日)当時の流行り言葉なのかどうか知らないが(記憶にない)、かもしれない、という台詞を寅が乱発するのは、あまり面白くない、かもしれない・・・。 [review][投票]
★4エルヴィス(2022/米)希代のスーパースター、エルヴィスの魅力に触れられる。触れて損のない魅力だと思う。 [review][投票(2)]
★4ウエスト・サイド・ストーリー(2021/米)ミュージカル映画ってやっぱ観る価値あるよな。あらためてそう思わせてくれた作品。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★4エルヴィス(2022/米)貧しさゆえに黒人居住区の白人住宅で育ったエルヴィス少年。身につけたリズム感と天与の才で注目を集める。彼が聴衆に及ぼす影響力を見抜いた剛腕プロデューサー、パーカー“大佐”(ハンクス)と組み、瞬く間にスターダムにのしあがる。人気の陰った60年代を経て、自ら復活を果たしたエルヴィス(バトラー)は、大佐と袂をわかつ。だが、世界ツアーを目論む彼の前に再び大佐が現れ、壮大な夢を語ると・・・。“キング”の異名をとるロックンロール史上最高のスーパースター、エルヴィス・プレスリーのライフ・ヒストリー。159分。[投票]
★5イングリッシュ・ペイシェント(1996/米)第二次大戦を舞台にした戦争ロマンスミステリー。戦況をも左右する男女の狂おしい情熱とは? サハラの広大な砂漠に落ちた2人を待つ運命や如何に?! マイケル・オンダーチェの原作小説の映画化。1996年米アカデミー賞で作品賞ほか 9部門受賞。162 分。 [more][投票]
★4スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム(2021/米)前作の騒動により、全世界に素性をばらされたピーター(ホランド)。知り合いの魔術師ストレンジ(カンバーバッチ)に世界中の人々から自分の記憶を消してくれと頼む。さっそくそんな魔術に取り掛かるストレンジ。あわてたピーターは、ちょっと待って対象からMJ(ゼンデイヤ)だけ外して、ネッド(バタロン)も外して、メイおばさん(トメイ)もと、次々にリクエストを追加。このため魔術が歪み、ユニバースならぬ「マルチバース」の蓋が開く。別次元の世界からスパイダーマンを知るヴィラン(悪者)がこの世界に参集した・・・。トム・ホランドが主演を務めるシリーズ3作目。148分。[投票(1)]
★4ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021/米)収監中の連続殺人鬼・クレタス(ハレルソン)は自分を取材にきたジャーナリスト、エディ(ハーディ)に噛みつく。エディに寄生していた地球外生命(シンビオート)、ヴェノムの血がクレタスの体内に取り込まれる。クレタスの中で、新たなシンビオート、カーネイジが誕生。破壊的な力を得たクレタスは刑務所を脱獄、愛する女性、シュリーク(ハリス)の元へ向かいながら、街を大殺戮に陥れるー。大ヒットSFアクション第2作。97分。[投票]
★5マトリックス(1999/米)「ネオ」(リーブス)という名のハッカーの前に、伝説的ハッカー、「トリニティ」(モス)が現れ、もう一人の伝説「モーフィアス」(フィッシュバーン)に会わせると言う。半信半疑のネオ。だが、トリニティとの接触で、ネオ自身も「システム」に追われる。否応なくモーフィアスと会い、ネオは衝撃の真実を告げられる。この世界の真の姿について。人類が戦う本当の敵について。彼らは、この戦いでネオが「救世主」になるという。ネオはこの告白を受け入れられるか。そして本当に救世主となれるのか・・・? [more][投票]

Points of View

最近のPOV 5
[投票(1)]
A=鍵です(7) B=鍵だろう(14) C=鍵までは(2)
伝記映画[投票(1)]
実在の人物の評伝。描く主眼が事件や事象であるものは対象外。集団物・群像劇も同じく。ドキュメンタリーも別物。近代以降(仏陀とかイエスとかは非対象)。
ロケ地 函館:道南を舞台にした映画[投票(4)]
世界有数のフォトジェニックな地形を誇る観光都市・函館。幕末開港以来の国際貿易港として、また戦後は北洋船団の拠点として栄えた歴史を持つ独特の風土は、昔から幾多の映画にその舞台として選ばれてきました。函館ほか北海道南部地域でロケのあった作品を含みます。A=60年代以前(11本)。B=70年代(4本)。C=80年代(10本)。D=90年代(9本)。E=00年代(14本)。F=10年代(3本)。リクエスト中=『美式天然』(2005、長万部)。ほか未登録作品多数。
家書抵萬金[投票(1)]
手紙が重要な小道具になっていたり、手紙や郵便の役割について考えさせられるところのある映画群。タイトルは杜甫「春望」の一節。
☆☆≡あめりかよ!アメリカよ!≡☆☆[投票]
好きで嫌いで好きなアメリカ。ノモもシンジョーもダイマジンもゴジラもみんなアメリカを目指した! タイトルは敬愛するノビー(信彦)落合大先生の著作より借用。A:アメリカ万歳!な映画。 B:アメリカをお勉強する映画。 C:アメリカへ行こう!(あるいはアメリカへの憧憬?)な映画