コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 嘘八百(2017/日)
- 更新順 (1/1) -

★4利休の遺作という大風呂敷の歴史ロマンティシズムが意外に下味として効き、コンゲームの見てくれショボさを補完する。何より、おっさん2人がチマチマ炬燵で茶を啜る世界を熟達の貴一蔵之介は満喫している。その充足感こそが命だし世界に適合する。 (けにろん)[投票(1)]
★3中井貴一佐々木蔵之介のオッサン臭に栄光の残滓が滲む。庶民とは一流半のプロ集団のことなのだ。クライマックスの競り合戦に緊迫感が足りず、騙し合いの肝である「落胆」と「逆転」の落差が小さいので以降の二転三転も“それなり”に流れてしまった。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★5最後の最後まで気の利いた、お調子者たちが織りなす、良くできた喜劇。一泡も二泡も三泡もふかせ、すっきり爽快に楽しめる。 [review] (シーチキン)[投票]