コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

IN4MATION

★0は映画の平均点を左右しないので、別枠として「観ないでなされたコメントである」という共通認識を周知徹底すればいいと思う。 映画を観た人の採点は★1〜5の5段階でなされればいいだけの話。
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
1035コメント2299
10あらすじ31
17POV42

Comments

最近のコメント 10
★5ラ・ラ・ランド(2016/米)[ネタバレ?(Y2:N5)] 冒頭からノリノリの正統派ミュージカル。ミュージカルムービーはハッピーエンドと相場は決まっているので安心して観ていられる、と思いきや、ラストには大きな仕掛けが! 観る人によって大きく感想が変わりそう。個人的には切ないの一言。ミアの歌はあまり上手くはないけど可愛いね。 [review][投票(2)]
★4世界から猫が消えたなら(2016/日)自分が生まれてきた意味を少しでも考えることを促すような、そんな作品。 [review][投票]
★4アルカトラズからの脱出(1979/米)ほぼ実話らしいので仕方がないことだが、爪切のヤスリ部分をスプーンの柄に溶接するよりもスプーンそのままの方が早い気がした。だってボロボロやんw [投票]
★4スチームボーイ(2004/日)単なる親子喧嘩から対英戦争へ。正義とは何か、何が正しいかは自分の胸の中にある。いや、自分の中にしかない。バルブ率80%だが絵は綺麗。[投票]
★4ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016/日)設定の矛盾点はいろいろあるけど、問題はそこじゃない。高寿目線の前半から「秘密」が明らかになる後半、そしてそれを踏まえての福寿愛美ちゃん(小松菜奈)の涙の理由を知ると、いじらしくて貰い泣きしてしまう。原作にはないBBQシーンなどは不要だったかも? こういう「映画だから演出」ってホント邪魔。 [review][投票]
★4ディストラクション・ベイビーズ(2016/日)台詞が殆ど無いにも拘らず圧倒的な存在感を出している柳楽優弥に尽きる。拳銃よりも拳の音の方が実はとっても暴力的だったりする。へたれのくせに虎の威を借る菅田将暉も好演。小松菜奈を含め、3人がタイトルのダブルミーニングどおり、気晴らし・動揺・混乱・破壊っぷりを体現してくれている。喧嘩が強い=のび太の執念的な怖さ、ね。[投票]
★4クリーピー 偽りの隣人(2016/日)面白い物語なんだけど、知りたいのはその一歩先の「からくり」なんだよなぁ。 [review][投票]
★2テラフォーマーズ(2016/日)ゴキブリが擬人化するとあんなに間抜け顔になるの?w で、結局のところ描写を見る限り、昆虫の中でゴキブリ最強なら、最初からゴキブリの遺伝子持った人間作ればいいんじゃね?っていうね。[投票]
★2インデペンデンス・デイ:リサージェンス(2016/米)CG技術は格段に進歩したものの、肝心の脚本がこれじゃ、ね。ただ、前作のキャストが20年の時を経ても同じ役で多数出演していることには感慨深いものがある。 [review][投票]
★5インデペンデンス・デイ(1996/米)リサージェンス』を観る前に予習として鑑賞。近未来兵器対現代兵器の構図。たまらんですな。ただ惜しむらくはCG処理の甘さ。特にトンネルから小部屋に逃げ込むワンコ(飼い犬)の切り抜きが雑で笑った。炎との境目がいい加減過ぎるw[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★5ラ・ラ・ランド(2016/米)いつの日かロスでジャズバーの経営を夢見る売れないジャズピアニスト・セバスチャンと、ハリウッド女優を夢見て、ロスのハリウッド近くにあるカフェでバイトをしながらオーディションを受ける日々のエマ。2人は偶然の出会いを重ね、お互いの距離を縮めていく。そんな2人はそれぞれの夢の実現のために歩み続けるのだが.......。[投票]
★4世界から猫が消えたなら(2016/日)僕は明日、死んでしまうらしい。そんな僕の前に、僕と同じ姿をした悪魔が現れてこう言うんだ。「世界から何かひとつ、モノを無くすごとに君の寿命が一日延びる。さぁ、何からなくしていこうか。そうだな、まずはそれ、電話。電話をなくそう。」 こうして僕は身の回りにあるものをひとつずつ失っていくのだが.......。[投票]
★2わたし出すわ(2009/日)矢吹摩耶(小雪)は久しぶりに高校時代を過ごした北海道に戻ってきた。魚住サキ・道上保・川上孝・平場さくら・保利満ら、かつての旧友たちと会うのだが、彼女は彼らの「目的」に必要なお金をポンと払う不思議な女性だった。摩耶からお金を貰った旧友たちとその周囲の人間たちは明らかに人生が変わっていく...。[投票]
★2名前のない女たち(2010/日)母娘で暮らす地味で目立たないOL・小倉純子が渋谷でスカウトされ、アダルト女優・桜沢ルルとなる。当初は複数の女優で1本の作品を構成する企画モノに出演する「企画女優」だった彼女は、NGをなくすことで次第に人気が出て「単体女優」になるののが次第に失っていくものに気づかされる。新人・安井紀絵佐久間麻由と共にヘア丸出しの体当たり演技で臨んだ一本。[投票]
★3Dear Friends −ディア フレンズ−(2007/日)裕福な家庭に育ち、完璧な容姿を持つ高橋リナ(北川景子)は夜毎渋谷に繰り出す読モJK。複数のセフレを持ち、「友達なんていらない、友達は利用するものだ」が口癖だ。ある日、クラブで倒れ入院した彼女を、小学生時代からの幼馴染・遠藤マキ(本仮屋ユイカ)が見舞いに来るが、リナはそんな彼女を邪険に扱う。原作はYOSHIのケータイ小説「Dear Friends リナ&マキ」。[投票]

Points of View

最近のPOV 5
お城好きが見ておくべき映画【天守閣の有無に関わらず!】[投票]
日本百名城スタンプラリーを周ってる方、特に必見! 
パパ・ママ 家族映画[投票(2)]
A:パパ B:ママ C:ばあちゃん D:兄弟姉妹 E:番外  映画の★とは違う観点で★をつけてみました。
大滝秀治はかく言う。「つまらん」[投票]
宇宙人映画は除く。キリがないから。
脱いじゃったと言えば脱いじゃった[投票(6)]
邦画で一定のレベル以上の女優限定。QNB(急に脱がれてびっくり)
身に覚えあり(?)そうな映画[投票(2)]
僕の周囲で起こったり起こってなかったり、友達から聞いたことあるようなないような、似たような恋愛憎劇。アクションやSFもいいけど、たまにはリアルを追体験してみませんか。はい、ある、ある〜。ない?