コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] とんかつ大将(1952/日)
- 更新順 (1/1) -

★4旧来の下町人情劇のウェット感と、民主主義思想のドライさが融合した浪花節ダンディズムを佐野周二が体現する。長屋の路地をめぐるように移動し、舞い上がり鳥瞰するカメラが斬新。業火のクライマックスもなかなかの緊迫感。至れり尽くせりのお楽しみ映画。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4佐野周二の貴種流離譚。彼ばかりモテるのがリアルで、かつこれにより人物の入り乱れ具合が統御されており、彼等が立場立場で突入するクライマックスがやたらと白熱する。地域に入ることを讃えた愛すべき作品。 (寒山)[投票(1)]
★3川島雄三脚本作品。善悪の書き分けがわりと上手なプログラムピクチャー。 佐野周二 はかっこいいなあ。 (さいもん)[投票]
★4無難なプログラムピクチャーの枠は出てはいないが、悪徳弁護士の描き方など実力の片鱗は感じる。[Video] (Yasu)[投票]
★4題名はともかくすっきり観れた作品でした。 (ぱんな)[投票]