コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] しろばんば(1962/日)
- 投票数順 (1/1) -

★3郷愁的な視点で観ている自分に気づいた時には、もう既にこの映画に呑まれていた。田舎道、先生とのひととき、しかも決め手に箱根八里。今ではナンセンスだろうが、これはこれで良い。いずれにしても丹念な作品だ。木下惠介監督の脚色があったからこそ、かな。 (リヤン)[投票(1)]
★5背景にある複雑極まる人間関係を整理し深遠なる奥行きと、かつての日本の「家」制度を浮き上がらせる脚色者木下恵介の腕の冴え。初めて北林谷栄のおばあちゃん役が素晴らしいと思ったし、ラストの突き抜け方は感動的と言うしかない。 (けにろん)[投票(1)]
★3この映画を観て以来「箱根八里」が愛唱歌になりました。[★3.5] (movableinferno)[投票(1)]
★3豪勢な美術、冒頭は極上、大正時代の天城越えの乗合馬車の風情もいい。これが昭和になると『有りがたうさん』の上原謙のバスになるんだ。 [review] (寒山)[投票]