コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ディスタンス(2001/日)

この映画は携帯電話に似ている。
kiona

いつでもどこでも人と繋がっていられる携帯電話は、果たしてコミュニケーションを促進したのだろうか?と、ふと思うときがある。仮に考え方を異にする者同士が理解し合おうとする行為をコミュニケーションと定義するならば、コミュニケーションにおいて重要なのは、言葉や文章以上に、沈黙と行間だ。何故なら、沈黙と行間こそ、相手との本質的な差異であり、まだ理解し合えていない領域そのものだからだ。しかし、携帯電話的コミュニケーションは、沈黙を嫌い、自分と相手との距離を言葉で埋め尽くそうとする。会話の停滞と意味の不通を何より怖れ、語彙を両者の公約数に留めるべく絞り、然るにお互いの差異を切り捨て、行間を黙殺しようとする。つまり、相手との葛藤を経ての理解ではなく、お互いの差異を押し殺しての安易な同調を指向する。そして、隠蔽した差異、すなわち本来コミュニケーションの目的である筈の部分は、本末転倒にも主題から遠ざけられていき、相手への秘密として定着する。

ところで、自分はよく沈黙するし、会話を停滞させる。喋りたいことがなければ、本当は喋りたくない。だから、沈黙を嫌う相手をよく戸惑わせるし、そういう相手には気を使う。自分には、沈黙は全く苦にならない。むしろ、喋る必要がないときは延々と押し黙っていていいような人と一緒にいたい。はっきり言って、携帯電話的コミュニケーションが苦手なのだ。逆に、映画が好きなのは、映画がそういった携帯電話的なコミュニケーションとは真反対のメディアであり、文化だからだ。文芸であれ、娯楽であれ、突き詰めれば、どんな映画も未知のコミュニケーションを指向し、存在する。どんな映画でも、登場人物達はそれぞれの行間を抱え、時に沈黙し、葛藤する。たとえ、その先に出てくる結論が嘘っぱちでしかなかったとしても、映画は新しいコミュニケーションを模索する。それが、現実に取って代われない虚構の現実に対するアイデンティティーだからだ。

だが、この映画は、携帯電話に似ていた。リアリズムを気取る全ての言葉は、一見印象的なようで、全く心に残らなかった。全てのキャラクター達が、自分がよく戸惑わせるタイプの人々だった。彼らは、携帯電話が使えなくなったあの晩も、ついに携帯電話的コミュニケーションを停止することはなく、映画的コミュニケーションを試みることはなかった。最後まで、決定的な沈黙と葛藤を拒絶していた。ディスコミュニケーションに開き直り、ただの一つも虚構的コミュニケーションを実践して見せてはくれない映画に、何の価値があるというのだろう?そんな最も成すべき試行錯誤を停止した状態で、悶々と織りなしていく現実模写だが、カメラにはカメラを向けた場所のものしか写らない。カメラを向けない場所のものは写らない。つまり、切り取った現実は、現実の全てではない。自分には、この映画のファインダーの外側に、ディスコミュニケーションに悶える誰かが見える。それでもコミュニケーションを求める誰かが見える。理解しようと悶え苦しみ、それでも理解できず、諦めかけては、また取り憑かれ、再び理解しようとのたうち回る誰かが見える。

(評価:★2)

投票

このコメントを気に入った人達 (4 人)ことは[*] ina[*] ハム[*] crossage[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。