コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

花嫁人形 (1919/)

Die Puppe
The Doll

[Comedy/Fantasy/Silent]
監督エルンスト・ルビッチ
脚本ハンス・クレーリー / エルンスト・ルビッチ
原作A.E.ヴィルナー
原案E・T・A・ホフマン
撮影テオドール・シュパルクール
美術クルト・リヒター
出演オッシー・オスヴァルダ / ヘルマン・ティミヒ / ヴィクトル・ヤンゾン / ヤーコプ・ティートケ / ゲルハルト・リッターバント / マルガ・ケーラー / マックス・クローネルト / ヨゼフィーネ・ドーラ
あらすじ病に伏せった大金持ちのシャントレル男爵(マックス・クローネルト)は、後継者に甥のランスロ(ヘルマン・ティミヒ)を選び結婚を条件に財産をゆずることにした。花嫁募集の告知に大勢の娘たちが押し寄せるが、内気なランスロは結婚を嫌がり修道院に逃げ込んでしまう。ところがランスロのために男爵が多額の持参金を出すことを知った修道院長(ヤーコプ・ティートケ)は金をせしめようとたくらみ、功名な人形師のヒラリウス(ヴィクトル・ヤンゾン)が作った人形と偽装結婚することを提案。人形師は注文に応じ自分の娘オッシー(オッシー・オスヴァルダ)をモデルに花嫁用の人形を作るのだが・・・。(64分/モノクロ/サイレント) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全2 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5万難を排してでも、と覚悟を決めての鑑賞だったが、花嫁人形は私の期待に応えるどころか、それを軽く凌駕した高みで私を待ちかまえていた。 [review] (田原木)[投票]
★4なんと言ってもオッシー・オスヴァルダの愛嬌のある挙動と表情が印象的。人形職人の風貌とテキトーな弟子もいい味。演劇舞台のような背景、ワン・フィックスショットごとの状況描写が丁寧でサイレントなのに画面が実に饒舌。修道僧や貴族の強欲への風刺も辛辣。 (ぽんしゅう)[投票]
Ratings
5点5人*****
4点1人*
3点0人
2点0人
1点0人
6人平均 ★4.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「花嫁人形」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Doll」[Google|Yahoo!]