コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

牡蠣の王女 (1919/)

Die Austernprinzessin
The Oyster Princess

[Comedy/Silent]
監督エルンスト・ルビッチ
脚本エルンスト・ルビッチ / ハンス・クレーリー
撮影テオドール・シュパルクール
美術ローフス・グリーゼ / クルト・リヒター
出演ヴィクトル・ヤンゾン / オッシー・オスヴァルダ / ハリー・リートケ / ユリウス・ファルケンシュタイン / マックス・クロナート / クルト・ボイス
あらすじ米国の牡蠣長者クウェイカー氏(ヴィクトル・ヤンソン)の一人娘オシー(オッシー・オスヴェルダ)は、気に入らぬことがあれば家をも破壊しかねぬ、手の付けられない暴れ者。友人が欧州の貴族と結婚したことを新聞紙面で知った彼女は、我も続けと花婿探しを業者に依頼、早速美男ナッキー(ハリー・リートケ)が候補に選ばれるが、彼の生活は貴族というには余りにも急迫していた。ナッキーは従者ジョセフ( ユリウス・ファルケンシュタイン )に命じて、クェイカー家の内情を探らせるが、ジョセフを王子と勘違いしたオシーは、有無を言わさず電光石火で結婚式を挙げてしまう・・・。クェイカー氏は曰く「どうということは無い。」 エルンスト・ルビッチェの監督第27作。...[more] (町田)[投票]
Comments
全2 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5圧巻の空間造型と驚愕の統制力、かててくわえてオッシー・オスヴァルダの破壊力である。天才ルビッチは既に完成している。映画の醍醐味の全てが詰め込められた肉厚の45分。古き良き19世紀文学のウィットを偲ばせるハンス・クレーリーの脚本もまた素晴らしい。 (町田)[投票]
★4オッシー・オスヴァルダの跳ねっ返りぶりとハリー・リートケのいい男ぶり、そしてユリウス・ファルケンシュタインの怪演が揃って、何だ、面白いじゃないか。これこそがルビッチだよ。[アテネ・フランセ文化センター] (Yasu)[投票]
Ratings
5点2人**
4点2人**
3点0人
2点0人
1点0人
4人平均 ★4.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
映画の教科書〜サイレント再考 (くたー)[投票(22)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「牡蠣の王女」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Oyster Princess」[Google|Yahoo!]