コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

海を感じる時 (2014/)

[Romance/Drama]
製作藤本款 / 重村博文 / 小西啓介
監督安藤尋
脚本荒井晴彦
原作中沢けい
撮影鈴木一博
美術井上心平 / 小坂健太郎
出演市川由衣 / 池松壮亮 / 阪井まどか / 高尾祥子 / 三浦誠己 / 中村久美
あらすじ主人公の「私」は高校二年生。新聞部の先輩に求められるまま肉体関係を持ってしまう。彼とのセックス、母と母を通して迫ってくる社会というものとの軋轢を通して主人公の心は自らの女性と母性の間でうつろう...中沢けいの同名小説の映画化作品。118分。 (サイモン64)[投票]
Comments
全4 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★3ディジタル撮り時代の映画が抱える困難とは、つまらない画面のつまらなさがあられもなく露呈することにもあるように思う。フィクス長回しで芝居を凝視する方法がここで退屈を招きがちなのは、カメラが絶対的に最適な位置取りでないためもあるが、フィルムの触感さえあればこれを愉しむ術もあっただろう。 [review] (3819695)[投票]
★2主演女優は奮闘しているが、脚本が致命的に悪く、大変残念な仕上がりの映画。 [review] (サイモン64)[投票(1)]
★2闇雲に時系列を入れ替えて判りにくくしている本作。冒頭からのめりこめない。セリフとセリフとの間が長い、動きが少ない、当時センセーショナルというだけで拙かった原作にさらに輪を掛けたつまらない脚本、服を着たままのセックス、前戯なしで挿入する男たち。見ていて呆れ退屈する。見るべきは一度も誰からも名前で呼ばれることのない中沢(市川由衣)のおっぱいだけ……。『蛇にピアス』以上のガッカリ度合。 [review] (IN4MATION)[投票]
★2私は如何にして愛されてもいない男に体を与え続けたか…という言い訳を酔った席で延々聞かされてるようなもんで、そんなもんは所詮は解るわけなく解りたくもないのだ。荒井は『アデル』を擬えるが狂気の淵にさえも行かぬでは話にならない。温いクソ話だ。 (けにろん)[投票]
Ratings
5点0人
4点0人
3点2人**
2点7人*******
1点0人
9人平均 ★2.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
脱いじゃったと言えば脱いじゃった (IN4MATION)[投票(6)]
Links
検索「海を感じる時」[Google|Yahoo!(J)|goo]