コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

白鯨との闘い (2016/)

In the Heart of the Sea

[Drama/Adventure]
製作総指揮ブルース・バーマン / サラ・ブラッドショウ / パラク・パテル / エリカ・ハギンズ / デヴィッド・バーグスタイン
製作ジョー・ロス / ポーラ・ワインスタイン / ブライアン・グレイザー / ロン・ハワード
監督ロン・ハワード
原作ナサニエル・フィルブリック
撮影アンソニー・ドッド・マントル
美術マーク・ティルデスリー
音楽ロケ・バニョス
出演クリス・ヘムズワース / ベンジャミン・ウォーカー / キリアン・マーフィ / ベン・ウィショウ / ブレンダン・グリーソン / トム・ホランド / ミシェル・フェアリー
あらすじ1850年。港町ナンタケットを新進作家のメルヴィル(ベン・ウィショウ)が訪れトマス( ブレンダン・グリーソン)という男を訪ねる。彼はある海難事故の生き残りなのであった。1819年。捕鯨船エセックス号の出航に際し雇われたチェイス(クリス・ヘムズワース)は次回は船長でとの契約を果たさぬ船会社に不満を覚えつつ、コネで選ばれた新船長ポラード(ベンジャミン・ウォーカー)に一応は従うしかない。彼らは一攫千金を夢見て船出するのだが、目当ての鯨は彼らの前に現れることはなかった…。全米図書賞受賞ノンフィクション部門受賞の「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」の映画化。 (けにろん)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4白鯨に情緒的な何かを仮託することはメルヴィルに委ね、あくまで事象としての事故要因にとどまる。高度に叙事的であり非情緒的で最良のアメリカ文学の芳香がある。そういう中で描かれた男同士の確執が最悪の逆境下で変転する展開が乾いた心地良さなのだ。 (けにろん)[投票]
★3タルい「白鯨」よりも、ポオの傑作「ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語」を思い出さずにはおられぬ。一等航海士チェイスが銛を「打てない」場面が素晴らしい。 (ペンクロフ)[投票]
★3悪い映画じゃない。船という狭い空間を舞台にしていること、そして3Dを意識したためかカメラに被写体が寄ったクローズアップが多すぎるところはもちろん批判されてしかるべき点だとは思う。しかし少なくとも内面・心理ではなく外面・行動を優先して撮ろうとしている。回想形式は映画を停滞させるどころか撮っても映像映えしない場面の省略に一役買っている。 [review] (Sigenoriyuki)[投票]
Ratings
5点0人
4点3人***
3点5人*****
2点0人
1点0人
8人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「白鯨との闘い」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「In the Heart of the Sea」[Google|Yahoo!]