コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

天国でまた会おう (2017/)

See You Up There
Au Revoir La-haut

[Drama/Crime/Comedy]
製作カトリーヌ・ボゾルガン
監督アルベール・デュポンテル
脚本アルベール・デュポンテル / ピエール・ルメートル
原作ピエール・ルメートル
撮影ヴィンセント・マティアス
美術ピエール・ケフェレアン
音楽クリストフ・ジュリアン
衣装ミミ・レンピッカ
出演ナウエル・ペレス・ビスカヤール / アルベール・デュポンテル / ローラン・ラフィット / ニール・アルストラップ / エミリー・ドゥケンヌ / メラニー・ティエリー / エロイーズ・バルステール / ギル・ガストン・デレイュス / フィリップ・ウシャン / アンドレ・マルコン / ミシェル・ヴュイエルモーズ / キヤン・コジャンディ
あらすじ第一次大戦も終わろうとしていたとき、上官のブラデル(ロラン・ラフィット)の理不尽な命令で、エドゥアール(ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート)は敵の砲撃を受け「下あご」と「声」を失ってしまう。終戦を迎え失意のエドゥアールは、自らも職を失った親友のアルベール(アルベール・デュポンテル)の献身に支えられ二人で暮らし始めた。一方、ブラデルは国の埋葬事業にからむ不正で私腹を肥やしていた。そんなとき、もう何も怖いもののないエドゥアールは、得意のイラストの才能を活かし国を相手に大金を巻き上げる大胆な計画を仕掛けるのだった。原作は脚本にも参加したピエール・ルメートルのゴンクール賞のベストセラー小説。(117分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全2 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4状況は過酷かつ反逆的で、どのシーンもシビアかつパワフルに描かれるのだが、全体は飄々として実に軽やか。登場人物の心情や背景(未読だが原作は膨大なのだろう)が過不足なく伝わってくる脚本も的確なのでしょう。心情を多弁に語る“仮面”の造形も美しく楽しい。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4ルメートルの凄惨をルルーシュ的サクサク大河話法で語り微妙なのだが、多くの枝葉が尽きせぬ感興を喚起して厭きることはない。フシギちゃんを配して尚ファザコン的帰結に至るジュテーム国らしからぬ意外。俯瞰ショットの要所での使い方も適宜で巧緻。 (けにろん)[投票(1)]
Ratings
5点0人
4点5人*****
3点0人
2点0人
1点0人
5人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「天国でまた会おう」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Au Revoir La-haut」[Google|Yahoo!]