コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

rikutakumi

コメンテータ諸氏の箴言金言に感銘を受け続けてきました。ぽんしゅうさん、ご招待ありがとうございました!
[参加掲示板] [招待者: ぽんしゅう]
→気に入られた投票気に入った→
10コメント4

Comments

最近のコメント 10
★4ラ・ラ・ランド(2016/米)最優秀クラクション賞。[投票]
★1藁の楯(2013/日)検問マニアの立場からひとことだけ。 [review][投票]
★2悪い奴ほどよく眠る(1960/日)動機が0点。 [review][投票(1)]
★5少年と自転車(2011/ベルギー=仏=伊)その瞬間、シリル少年の汗の匂いがした(ような気がした)。 [review][投票]
★2WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜(2014/日)これもまた「ハコ書き」で作られた図面通りの映画です。3つや4つの伏線を埋め込んで、それを回収して、上手い、というのが果たして良い映画なのでしょうか。 劇場では1度たりとも笑いは起きませんでしたが、わたしは子どもの「頭パチン」がかわいらしくて、少し笑いました。あのカットに評点1のプラスです。[投票(1)]
★5横道世之介(2012/日)いまも登場人物たちが頭の片隅で生きています。100本に1本程度の割合でこんな映画にめぐりあうことができます。そのために映画を観ていると言ってもいいかもしれません。ただこの傑作のどこがすばらしいのかを的確に評する技量がなく、困惑しています。 [review][投票(2)]
★3ラッシュ プライドと友情(2013/米=独=英)レースシーンの迫力はまさに圧巻で、もっと長尺で見せてほしかったくらい。 ガソリンやオイルの匂いが立ち込めるような画面など、美点は数多い。 そしてなんと言ってもすばらしいのが…。 [review][投票]
★2最強のふたり(2011/仏)ポスター写真から想像される展開と1ミリもたがわぬ映画だった。全編にわたってデリカシーを欠く。そういう意味ではEW&Fのあのオオアジさとよくマッチしている。[投票]
★5ライク・サムワン・イン・ラブ(2012/日=仏)オフナレーションならぬ、「オフセリフ」の凶暴。映像で怖がらせて、音で殴りつけるわけだな。普通はその逆だよね。忘れられない傑作。[投票(1)]
★4ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012/米)なにしろ私たちが普段見慣れた娯楽映画とはまったく異なる文法で描いて見せるのだから、面白いにきまってる。 [review][投票]