コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 讃歌(1972/日)
- 更新順 (1/1) -

★4新藤監督の口から血が垂れる場面、失明のオリンピック的場面 (ユメばくだん)[投票]
★3羨ましいと思った僕は変態さんでしょうか (TOMIMORI)[投票]
★4谷崎マゾヒズムを、新藤兼人の純朴なアマチュアリズムで翻案した、実におもしろい映画。徒歩のスピードと関西弁のゆったりしたリズムで奏でられる、盲目白塗りのヒロイン渡辺督子と、それを凝視する河原崎次郎の交流は、どこまでも乾いたタッチで描かれる。 [review] (shiono)[投票]
★2インタビュー場面のセリフ棒読みには驚いた。しかも顔面の白粉(おしろい)がパイ投げの後みたいで、一瞬ギャグ映画と勘違いしてしまいそう。時に名匠と評されることもある新藤兼人監督だけど、この作品を観る限り、それはちょっと有り得ないと感じてしまう。 (リヤン)[投票]
★2そもそも乙羽信子へのインタビューと、彼女の解説がなぜ必要なのだろう。ドラマは若いふたりのエロチシズムを中心に進むべきなのに…。 [review] (水那岐)[投票]