コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 私は猫ストーカー(2009/日)
- 更新順 (1/1) -

★4正直、猫にはうんざりしているんです。 [review] (ナム太郎)[投票(2)]
★4どこからともなく聞こえてくる工事の作業音や自然音。電話の相手が机の向こう側に不意に現れる際の驚き。諏訪太朗との遭遇シーンにおける自転車の複雑な動き(左側にフレームアウトして右側奥から再び現れる)。或いは演出なのか偶然なのか判別つかぬ猫の仕草の数々(坂井真紀に怒る飼い猫!)。それは時折挿入されるアニメも同様。どこまでが現実でどこまでがフィクションか、鈴木卓爾はいつもその境界を撹乱する。 (赤い戦車)[投票]
★4猫ストーカーの映画である。「猫ストーカーの星野真里を描いた映画なんだからそんなん当たり前だろ。云わずもがなのことばっか云ってんじゃねえ馬鹿」などと怒ってはいけない。つまり、これはスタッフもキャストも実際に猫ストーカーになりきらなければ撮れない「ねこ」のカットを持った映画であると云いたいのだ私は。 [review] (3819695)[投票(2)]
★3ただの愛猫家向け映画などではない。路地裏の猫たちのしなやかな気まぐれさに、人間の様々な孤独を重ねて、猫にうつつを抜かす人間たちの心の揺れを、むしろ少し批判的に、しかし、温かな視線であぶり出している。小品だが鈴木卓爾の洗練されたセンスを感じる。 (ぽんしゅう)[投票(1)]