コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 国会へ行こう!(1993/日)
- 更新順 (1/1) -

★4ヘタに国政に踏み込まず代議士の地方での政治活動に絞って描いたのが成功。コンパクトだが意外に良く出来た政治もの。胡散臭さ100%の緒形がここぞとばかりの快演で、又、妻吉田日出子との『社葬』コンビも絶妙。 (けにろん)[投票]
★3骨太よ、熱いぜよ [review] (カノリ)[投票]
★3政界の裏の裏。2002年から振り返っても同じ状況に驚く。 政治空白の10年だったのね。秘書、首都移転、ODA・・・。 (マグダラの阿闍世王)[投票]
★4「国会議員なんてどうせこんなものさ」という私たちの知ったかぶりの隙を突き、緒形拳が虚実の間をうねるように進んでいくストーリーが痛快。拾い物的、秀作エンターテインメント。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★3若い時、たまたまバイクに乗ってたことがきっかけで、国会議員(市会議員レベルでもいいけど)になりましたって奴、現実にいねぇかな? (大魔人)[投票(1)]
★3政治物で一番おもしろかった。ラストに続編をほのめかしていたような気がしますが、動員悪かったのかな? (高橋慶彦)[投票]
★4製作年が現実の先いってるのがすごい。首相公選制は魅力を感じるけど… (映太郎)[投票]
★4邦題が気に入らない。 [review] (どらら2000)[投票]