コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

国会へ行こう! (1993/)

[Comedy]
製作山科誠 / 鍋島壽夫
監督一倉治雄
脚本斉藤ひろし / 高野和明
撮影長谷川元吉
美術小川富美夫
音楽大谷幸
出演吉田栄作 / 緒形拳 / 宮崎ますみ / 吉田日出子 / 松村達雄 / 金子信雄 / 長谷川初範 / 左右田一平 / 光石研 / おやま克博 / 上田耕一
あらすじ大学4年の直哉(吉田栄作)は、単位も取り終ってクリーニング店でアルバイト中。卒業したら故郷へ帰って就職するつもりだ。直哉は配達中に、黒塗りの車が事故を起こすのに遭遇。機転を利かせてけが人を病院へ。助けられたのは衆議院議員・松平重義(緒形拳)。それをきっかけに直哉は、松平の下でアルバイト秘書として働くことになる。初めは好人物に見えた松平だが、これがとんでもないゴーマン男でダーティ政治家を絵に描いたような奴。しかも、こんな男が本気で政界のトップを狙っているのである。嫌気がさして秘書を辞めようとした直哉のもとに、一通の大きな郵便が届く。差出人は松平の妻(吉田日出子)だった。 (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全8 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4「国会議員なんてどうせこんなものさ」という私たちの知ったかぶりの隙を突き、緒形拳が虚実の間をうねるように進んでいくストーリーが痛快。拾い物的、秀作エンターテインメント。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4中央国政を直截に描かず代議士の地元政治活動に絞り描いたのが、みみっちくもコンパクトで成功した。胡散臭さ100%の緒形がここぞとばかりの快演で妻吉田日出子との『社葬』コンビも絶妙。義を通すには汚濁を吞むの政治実学を謳って鮮やか。 (けにろん)[投票]
★4製作年が現実の先いってるのがすごい。首相公選制は魅力を感じるけど… (映太郎)[投票]
★4邦題が気に入らない。 [review] (どらら2000)[投票]
★3若い時、たまたまバイクに乗ってたことがきっかけで、国会議員(市会議員レベルでもいいけど)になりましたって奴、現実にいねぇかな? (大魔人)[投票(1)]
★3骨太よ、熱いぜよ [review] (カノリ)[投票]
★3政界の裏の裏。2002年から振り返っても同じ状況に驚く。 政治空白の10年だったのね。秘書、首都移転、ODA・・・。 (マグダラの阿闍世王)[投票]
★3政治物で一番おもしろかった。ラストに続編をほのめかしていたような気がしますが、動員悪かったのかな? (高橋慶彦)[投票]
Ratings
5点0人
4点4人****
3点12人************
2点7人*******
1点0人
23人平均 ★2.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
わたしの光石研さん ()[投票(2)]
Links
検索「国会へ行こう!」[Google|Yahoo!(J)|goo]