コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 伊賀忍法帖(1982/日)
- 更新順 (1/1) -

★1個性的な妖僧たちがずっと記憶に残っています。この頃の映画独特の余裕のあるというかもったいぶった雰囲気を感じました。 (fighter.nyash)[投票]
★3確信的にやってるのか、或いは『ワタリ』や「赤影」のテイストを伝統の名のもと天然でやってるのか知らないが、ただただ一言レトロであって、煎じ詰めれば良い。ただ、哀しいことに第三の新人渡辺典子にオーラが無かったということなのだろう。 (けにろん)[投票]
★3何てこと無い作品だが、期待してなかったので、それなりに楽しめた。千葉真一が主役二人を喰うギリギリの所で止めている。真田広之の褌一丁の姿が見れるので、真田ファンはどうぞ(笑)['03.8.31VIDEO] (直人)[投票]
★3角川ではおなじみのチープな特撮と、今回はやけに地味な怪人たちの妖力も笑って許そう。真田広之、演技はまだ磨かれざる珠だが、アクションでは一枚看板を背負えるほどに成長した作品なのだから(千葉パパの助太刀はあったけどね)。 (水那岐)[投票]
★3見る前に期待しすぎないこと。どんな妖術も容認すること。この二つさえ守れば、絶頂期の角川映画だけあって金は出し惜しみしていないので最後までそれなりに観られる。単純なアクション・ラブストーリーに成田三樹夫が怪演で毒を添える。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★1当時の角川映画の勢いは凄かったなと、でなきゃこの作品も映画化出来なかっただろう。 (TO−Y)[投票(1)]