コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ラ・ラ・ランド(2016/米)

シカゴ』や『レ・ミゼラブル』を見た後は「歌ってたな〜」と思った。本作を見た後は「夢を追う一組の男女の物語だった」と思った。
カルヤ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







シカゴ』と『レ・ミゼラブル』は正直、歌ってる場合なのか?と思った。「シリアスな場面なのに」等ということではなく、「物語があまり伝わってこないのに」という意味で。置いてけぼり感がかなり強かった。そのため今の時代にミュージカルをやるには、主役が歌手か物語がコメディ寄りでないと難しいのだろうと思っていた。

しかし、本作は私を置いてけぼりにはしなかった!

歌い踊る場面も印象に残っているが、映画全体の印象としては決して「歌ってたな〜、踊ってたな〜」ではない。印象に残っているのは「ミアが、セバスチャンが、夢のためにもがいて苦しんで、それでもなお夢を追い続けていた姿」である。つまりちゃんと物語を受け止めることができた。

ラストも切なくて良いが、エンドロールで“Fantasy Baby”という表現を見つけ更に切なくなった。「あぁそうか、あの部分は“ファンタジー”か・・・」と溜息が出た。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)プロキオン14[*] IN4MATION[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。