コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

うたかたの戀 (1936/)

Mayerling

[Romance]
製作シーモア・ネベンザル
監督アナトール・リトヴァク
脚本ジョゼフ・ケッセル / マルセル・アシャール / イルムガード・フォン・クーベ
原作クロード・アネ
撮影アルマン・ティラール
音楽アルテュール・オネゲル / ハンス・マイ
出演シャルル・ボワイエ / ダニエル・ダリュー / ジャン・ドビュクール / シュジー・プリム / ウラディーミル・ソコロフ / ガブリエル・ドルジア / ジナ・マネス / レイモン・エーモス / オデット・タラザク
あらすじ19世紀の末。オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子ルドルフ(シャルル・ボワイエ)は享楽に溺れる王室に反意を抱いて社会主義運動に身を投じたりしたが、宰相ターフェ(ジャン・ドビュクール)の策略でベルギー皇女と意に沿わぬ結婚をさせられる。失意から酒と女にのめりこむルドルフであったが、ある夜、憂さ晴らしに出かけた祭でマリー(ダニエル・ダリュー)という清楚な女性と知り合うのであった。彼女のことが忘れられないルドルフはオペラ観劇の席でその姿を見つけるのであったが…。世間を賑わせた一大皇室スキャンダル「マイヤーリング事件」を題材にしたクロード・アネの小説の映画化。 (けにろん)[投票]
Comments
全4 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4何でそうなるのの疑義が敷居が崩れ制約が無効化する今の時代を逆照射するのだが、世紀のロイヤルスキャンダルのロマンティシズムが済し崩す。万感を込めた視線の交錯はオペラ観劇と宮中舞踏会という大状況下でデ・パルマチックにミニマムな心理を抽出。 (けにろん)[投票(1)]
★4ダニエル・ダリューが例えばオフュルスの『輪舞』ほど美しくなくても、ボワイエが臭くても、このリトバクの演出の瑞々しさは買う。最も驚いたシーンは、ダリューが母親によって遠くへ連れ去られ自暴自棄になった皇太子が飲んだくれるパーティシーンの濃密な描写だ。 (ゑぎ)[投票(1)]
★3バリバリのフランス映画なのだが何故か同時期のハリウッド映画に見える。「恋愛」にまつわるあれこれのみで感情が感じられないタイプのラブストーリだと思った。余り好きではない。 (24)[投票]
★3典型的悲恋映画。決着方法は男側の勝手な都合に思えて納得できない。 (AONI)[投票]
Ratings
5点0人
4点3人***
3点5人*****
2点1人*
1点0人
9人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「うたかたの戀」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Mayerling」[Google|Yahoo!]