コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

狂熱の季節 (1960/)

監督蔵原惟繕
脚本山田信夫
原作河野典生
撮影間宮義雄
美術千葉一彦
音楽黛敏郎
出演川地民夫 / 千代侑子 / 郷えい治 / 長門裕之 / 草薙幸二郎
あらすじスリを働いて鑑別所に収監された明(川地民夫)は、仲間の勝(郷えい治)とともに娑婆に戻り、盗んだ自動車で街に繰り出した。途中で同じく仲間のパンパン、ユキ(千代侑子)と合流した明たちは、彼らの罪を密告した新聞記者柏木(長門裕之)を車で撥ね、一緒にいた女性画家文子(松本典子)を攫って海にむかい、思う存分陵辱する。そして悪びれることもなく無法とジャズへの耽溺の日々に戻った明の前に、ある日文子が現われ、妊娠とそれを意に介さない柏木の愛の不変への恐怖を語る。だが一向に耳を貸さない明に対し、彼女は柏木を「汚してほしい」と懇願するのだった。明に頼まれたユキは柏木を誘惑し、彼の胸の中に入ってゆく。〔75分/スコープ〕 (水那岐)[投票]
Comments
全4 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ハードボイルド系ナンセンス落語。本邦ヌーヴェルヴァーグの筆頭格な傑作。 [review] (寒山)[投票]
★5ヌーヴェルヴァーグ!! (太陽と戦慄)[投票]
★4これは巧い。乱暴にカメラを振り回しているように見えて、細部の音の演出まで的確。主人公の無軌道な行動には吐き気を覚える面もあるが、彼の無法な躍動性が映画的活気をもたらしているのもまた事実。連続噴射するエネルギー。 [review] (煽尼采)[投票(1)]
★2よくも悪くも「時代の映画」であり、その当時であれば無軌道であるがゆえの鮮烈な後光を放っていたにしても、「狂気を孕む」効果であったらしいフリージャズと同じく衝撃を欠く。主人公というアウトローへの憎悪は、今となっては「ヤな奴」に対する嫌悪でしかなくなり、保守的常識へのアンチテーゼにはもはやならないのだから。 (水那岐)[投票]
Ratings
5点2人**
4点1人*
3点2人**
2点1人*
1点0人
6人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
スウィングしなけりゃ意味ないね (リーダー)[投票(2)]
Links
検索「狂熱の季節」[Google|Yahoo!(J)|goo]