コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

悪徳の栄え (1988/)

監督実相寺昭雄
脚本岸田理生
原作マルキ・ド・サド
撮影中堀正夫
音楽松下功
出演李星蘭 / 清水紘治 / 牧野公昭 / 石橋蓮司 / 寺田農 / 米沢美和子
あらすじ戦争の影がひたひたと忍び寄る昭和10年の東京。不知火侯爵(清水紘治)の晩餐には夜な夜な女伯爵(米沢美智子)、裁判長(寺田農)、金貸し(石橋蓮司)が集まり、おのれが犯した悪徳の自慢話に花を咲かせていた。不知火邸内には劇場がしつらえてあり、そこで侯爵は妻(李星蘭)と男(牧野公昭)にサドの『悪徳の栄え』を演じさせ、賓客たちに彼らの性交を覗かせるのであった。だが、男と妻の絆は次第に真正のものとなってゆき、侯爵はジェラシーを募らせてゆく…。〔日活/96分/カラー/ヴィスタ〕 (水那岐)[投票]
Comments
全4 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★3原作にはない、日本的な美しさとおどろおどろしさが混在。 (citron)[投票]
★3変態の極み、悪趣味っぷりが炸裂。実相寺昭雄監督ならではの映像美も炸裂。清水紘治がハマってて良い。変態すぎてついていけない部分もあるけど、実相寺監督が撮る独特の「画」を堪能出来たので満足。 (Ryu-Zen)[投票]
★2アングラな雰囲気はよく出ているけど、88年にこれをやられてもねえ・・・。 (月魚)[投票]
★2まったくもって退屈な映画。主人公の侯爵は悪徳について一家言あるような顔をしていながら、公においては2・26事件の顛末に、私においては妻の浮気問題に一喜一憂する俗物。サドのように自ら牢に繋がれる度胸もない。まあ、日本のにわか貴族じゃこんなものか。 (水那岐)[投票]
Ratings
5点0人
4点1人*
3点2人**
2点2人**
1点0人
5人平均 ★2.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
男もすなる脚本というもの女もしてみんとてするなり (ぽんしゅう)[投票(11)]皇族を演じた俳優たち (TOMIMORI)[投票(5)]
Links
検索「悪徳の栄え」[Google|Yahoo!(J)|goo]