コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

蠢動−しゅんどう− (2013/)

Shundou
BUSHIDOU

[Drama/Action]
製作三上康雄 / 三上陽子
監督三上康雄
脚本三上康雄
原案三上康雄 / 近藤誠二
撮影岡田賢三 / 大淵博道
音楽飛鳥峯英
衣装真柴紀子
出演平岳大 / 若林豪 / 目黒祐樹 / 中原丈雄 / さとう珠緒 / 栗塚旭 / 脇崎智史 / 細川純一 / 芝本正 / 増田久美子
あらすじ享保二十年、山陰の因幡藩。大飢饉から三年過ぎ落ち着きを取り戻したかのようにみえたが、そんな折、幕府から遣わされた剣術指南役に不穏な動きがある。 事態を重くみた城代家老は、城代付の用人に剣術指南役の動きを見張らせると、藩の内情を探っていることが判明する。 そこへ、幕府からの使者が来るとの報せがもたらされる。 剣術指南役と使者を会わせると、藩は改易、取り潰しになるかもしれない。 城代家老は、用人、そして、義理の息子である剣術師範と合議をする。 しかし。。。事は、藩を揺るがす大きな事件へと発展していく。 (やすべえ)[投票]
Comments
全4 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4蝋燭の灯りをいかした照明と撮影、迫力ある和太鼓のみのサントラ、オールロケによる自然な空気、平岳大の存在感ある佇まい。いずれも堂々たる本格時代劇にふさわしい。 [review] (シーチキン)[投票]
★3御用金』+『仇討』なストーリーはまずまず。終始大仰な芝居臭い芝居と説明台詞の数々に辟易。双方ともバテバテになりながら戦う雪原の立ち回りは動物的というか、必死で戦ってる感じが良かった。が、出血が殆どないので「殺人」の実感が乏しいが致命的。 (パピヨン)[投票]
★3役者の粒が不揃いな上、物語進行・状況説明・性格描写などの諸機能を統合した効率的な台詞が書けていないあたりはどうしても背中が痒くなる。クライマクスの大立ち回りはカット割りに不備が残るものの、「雪原」という舞台一点を取り上げても見ものには違いない。雪がむやみに情緒的に映らないのもいい。 (3819695)[投票]
★3主役が手垢のついていない俳優で新鮮である。けれどその他主要な脇役がオールドで、それはそれで演技的にも安心できるのだが、ストーリー的にも凡庸で少々盛り上げりに欠ける感がした。 [review] (セント)[投票]
Ratings
5点0人
4点2人**
3点3人***
2点0人
1点0人
5人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「蠢動−しゅんどう−」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「BUSHIDOU」[Google|Yahoo!]