コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

こうのとり、たちずさんで (1991/スイスギリシャ)

To Meteoro Vima Tu Pelargu

[Drama]
製作総指揮フィービ・エコモプロス
製作ブリュノ・ペセリ / テオ・アンゲロプロス
監督テオ・アンゲロプロス
脚本テオ・アンゲロプロス / トニーノ・グエッラ / ペトロス・マルカリス
撮影ヨルゴス・アルバニティス / アンドレアス・シナノス
美術ミケス・カラピペリス / ロバート・F・ボイル
音楽エレニ・カラインドロウ
衣装ヨルゴス・パッツァス / リタ・リッグス
出演マルチェロ・マストロヤンニ / ジャンヌ・モロー / グレゴリー・カー / イリアス・ロゴテティス / ドーラ・クリシクオス
あらすじギリシャに入国拒否されたベトナム難民が海に身を投げた事件を機に、レポーターのアレクサンドロス(グレゴリー・カー)はアルバニア、ユーゴスラビア、ブルガリア、トルコの4国と国境を接するギリシャ北端の町に赴いた。そこで、彼は10年前に失踪した政治家(マルチェロ・マストロヤンニ)を見かける。政治家の妻(ジャンヌ・モロー)を町に呼び寄せ邂逅を果たさせようと画策する一方、バーで出会った少女(ドーラ・クリシクー)と関係すると彼女の父親は政治家であった。折しも町のカフェでクルド人同士の諍いが勃発しリンチ殺人が起こった、その日に妻は町に到着する…。テオ・アンゲロプロスの監督第11作。 (けにろん)[投票(1)]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5全てのシーンが、ため息が出るほど詩的。 (太陽と戦慄)[投票]
★5アンゲロプロスがたちずさんでるんじゃない?→雨音にかき消される音楽を聴く。(2012/03/15 新文芸坐) [review] (chokobo)[投票]
★4美しいという言葉すら似合わないほどのラストシーンの映像美。これを見た瞬間に、「いくつ<国境>を超えたら、<家>にたどり着くのだろう…。」という映画に込められたメッセージが一気に込み上げてくる。(2005.6.12.) [review] (Keita)[投票(1)]
★4誰も皆な彼のようには生きられない。行きたいと思っても、たちずさむ日々だ。今夜も大佐と同じ「酩酊に乾杯!」 (KEI)[投票]
★3国境地帯というシンボリックな舞台で流浪と漂泊を散りばめたカオスより何を抽出し得たのか俺には見えなかった。ビデオの中の2大スターが背負った映画史の邂逅は感銘を呼ぶが物語の構造とは遊離している。 (けにろん)[投票]
Ratings
5点6人******
4点16人****************
3点11人***********
2点3人***
1点0人
36人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「こうのとり、たちずさんで」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「To Meteoro Vima Tu Pelargu」[Google|Yahoo!]