コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 黄金時代(1930/仏)
- 更新順 (1/1) -

★4ブニュエルの原液――豊かな着想、強烈なイメージ、その自由な連鎖。一度見たらもうそれを見る以前の自分と同じではいられなくなる、つまり人生を変えてしまう映画。と云ってもそれは大層なことではなく、たとえば、私たちはもう『黄金時代』を思い出すことなしに「サソリ」を見ることはできないということ。 [review] (3819695)[投票]
★5クソガキどものアナーキー。糞尿で遊ぶ無邪気な子供の瞳の奥、確信的な邪気をそこに見る。革命はもう始まっている。 [review] (のらぞんざい)[投票(1)]
★4下らないモラルや良識に糞を投げつけろ! [review] (太陽と戦慄)[投票(3)]
★4「社会的地位」と密接につながったドス黒いタイプの「正義」や「モラル」に反感をおぼえる方には、きっと喜んでいただけると思います。 (tredair)[投票(1)]
★3手コキとか尺八とか、はたまた怒張した亀頭なんかを想起させるような場面多し。でもだからといって抜ける作品ではない。 (黒魔羅)[投票(2)]
★3面白かったのはさそりだけ。中盤はフツーの映画。 (24)[投票]
★4再見。『エル』の原型男が出てくるわで、こりゃあブニュエル映画ダイジェストだ。いっぱい氏の映画を見た後に見ると、面白さ倍増。 [review] (くたー)[投票(1)]
★41930年の作品にして究極のパンク映画。今観てもこんなん撮っていいのと思うほど。お蔵入りもあたりまえ。日の目をみたことの方が不思議。 (kaki)[投票(1)]
★2アンダルシアの犬』と比べて映像の力が弱すぎると思う。眠たかった。 (_)[投票]