コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 貞子vs伽椰子(2016/日)
- 更新順 (1/1) -

★4キーン女vsニャー・カリカリ親子の対決を楽しみに観た。『リング』や『呪怨』の過去シリーズを見ていなくてもすんなり物語に没入でき、かつ対決に持ち込むその理屈には十分納得させられた。これ、重要。ホラーだからといってストーリー自体が意味不明でいい理由にはならない。(有里と鈴花、2人の女が必要かどうかは別として。有里ひとりで十分なのでは?) [review] (IN4MATION)[投票]
★3軽薄極まりない佐津川愛美が死に際してジュリエッタ・マシーナのような顔貌になったり、甲本雅裕の技術至上主義が勇敢さと互換したりと、状況に応じて造形が彫琢される。 [review] (disjunctive)[投票(1)]
★3そろそろ公開終了のとこもあるんじゃないかという時期に見たが、劇場は若い人たちでほぼ満席。この題材で白石晃士が監督するならこう来るだろうという、ある意味想像通りの展開ではあるが、でも正面きってやられるとやはり面白い。 [review] (MSRkb)[投票(1)]
★3化物には化物とド直球を宣う安藤麻衣のブラックジャック&ピノコな快演に裏の裏は真理なるかなの予兆。呪怨屋敷でのリングビデオ再生の轟音は真打登場的ハッタリにときめく。が、しかし所詮は睨み女と這いずり女の対決は猪木VSアリ戦じみている。 (けにろん)[投票]
★3モキュメンタリーを手掛けることが多くいまいちその実力を測りかねていた白石晃士だが、このような一般的なストーリー映画の画面を作ることに関しても優秀であることはよくわかった。人物を殺すことに躊躇しない姿勢も好感触。ただ肝心の対決にしろホラー演出にしろアイデア・物量不足の感は否めない。安藤政信は何をやっても面白いからずるい。 (Sigenoriyuki)[投票(1)]