コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

男ありて (1955/)

Otoko Arite

[Drama]
製作渾大坊五郎
監督丸山誠治
脚本菊島隆三
撮影玉井正夫
美術小川一男
音楽斎藤一郎
出演志村喬 / 夏川静江 / 岡田茉莉子 / 伊東隆 / 三船敏郎 / 藤木悠 / 清水元 / 清水将夫 / 土屋嘉男 / 加東大介
あらすじ島村達郎(志村喬)はプロ野球の弱小チーム・スパローズの監督。妻(夏川静江),娘(岡田茉莉子),息子(伊東隆)との4人暮らしだが、頭の中にあるのは野球のことばかり。家族のことは構おうとしない。島村は期待の新人投手・大西(藤木悠)を、家族に相談もせずに自分の家に下宿させる。チームは主将の矢野(三船敏郎)を中心に何とか戦ってはいるものの下位を低迷。そんなある日、判定を巡って島村は審判に暴行を加え、1ヶ月間の出場停止処分を受けてしまう・・・。 (熱田海之)[投票]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5暴君ともいえる一人の男が商業映画の主役となりえた昭和30年が限りなく懐かしい。茶の間が照明一本で、朝方なのか夕方なのか昼時なのか分かってしまうのは、職人的至芸だ。 [review] (ジェリー)[投票]
★4男の孤独・悲しみが志村喬の名演でひしひしと伝わって来ます。 (熱田海之)[投票(1)]
★4専門馬鹿を温かくからかって愉しい人情喜劇。出演者はみんないいけど、少女歌劇観てお好み焼き喰って喜ぶ夏川静江さんが特に心に残る。当時の主婦はこんなだったんだろう。 [review] (寒山拾得)[投票]
★4[ネタバレ?(Y1:N0)] 実は良く出来たホーム・ドラマ。勝手もんだが憎めない野球バカを【志村喬】が好演。 実現可能性は「?」だが、あのラストゲームは最高。 [review] (AONI)[投票]
★3すべてにのんびり、見ていてゆったりした気分になります。 昔の「男」像はああだったんでしょうね。 子役の泣くシーンには笑いました。 菊島隆三の省略の脚本には感心します。 [review] (トシ)[投票]
Ratings
5点1人*
4点4人****
3点1人*
2点0人
1点0人
6人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「男ありて」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Otoko Arite」[Google|Yahoo!]