コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

いとはん物語 (1957/)

[Drama]
製作永田雅一
監督伊藤大輔
脚本成沢昌茂
原作北条秀司
撮影高橋通夫
美術柴田篤二
音楽伊福部昭
出演京マチ子 / 矢島ひろ子 / 市川和子 / 東山千栄子 / 鶴田浩二 / 小野道子 / 浦辺粂子
あらすじ大正中期の大阪、老舗の扇屋の長女お嘉津(京マチ子)は器量良しの妹たちとは似ても似つかぬ不器量だが美しい心の持主であった。ある稲荷祭の夜、町内のドラ息子たちにからかわれたお嘉津を同じ扇屋の番頭である友七(鶴田浩二)が助けてやったことで、お嘉津は友七にほのかな恋心を抱く。そんな娘の秘めた恋心を知り、不器量なお嘉津をふびんに思う母おわさ(東山千栄子)は、なんとかその気持ちを計らおうと友七との縁談をまとめようとする。お嘉津にとっては夢のような日々が続く。ところが友七には心に定めた人、同じ扇屋の小間使いお八重(小野道子)がいた・・・ (junojuna)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4日本映画黄金時代の傑作としてカウントされるべきGOODムービー [review] (junojuna)[投票(2)]
★4少なくとも主演級には美男美女を揃えるべきとする不文律から逃れることが難しい商業娯楽映画において、これほど容姿の美醜について残酷に切り込んだ作が他にあるか私は知らない。京マチ子鶴田浩二はむろん小野道子東山千栄子、妹の矢島ひろ子らも含め、皆が他を思いやる善人だからこその辛さ切なさ。 [review] (3819695)[投票(1)]
★3当時、押しも押されもせぬ大映トップ女優で、国際的美人女優の京マチ子にコントみたいなメイクをさせて醜女を演じさせる企画が面白いし、そんな役でも手を抜かずに演る所が感心する。その分、ラストは切ない。['05.1.16京都文化博物館] (直人)[投票(1)]
Ratings
5点1人*
4点4人****
3点2人**
2点0人
1点0人
7人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「いとはん物語」[Google|Yahoo!(J)|goo]